子どもがスポーツをするメリットとは?

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

メンタルコーチ 前田佳奈

 

突然ですが、

不要不急ってすごい言葉ですよね?(ホント突然すいません!笑)

 

「どうしても必要というわけでもなく、急いでする必要もないこと」

 

私、人生のほとんどが不要不急(笑)

 

今どうしても必要ではないけど、でも…って思うことって、実は人生において、ものすご~く大切なことなんじゃないかと個人的には思います。

リスクはありますがそれでも行動したことによって、知識や人脈、健康もお金も充実感も、手に入れることができるんじゃないかと…。

 

緊急事態宣言が出ると「スポーツも不要不急」になるわけですが、子供たちにはスポーツのある未来を歩んでほしいと心から思います。

 

子供の成長にあわせた運動

子供の動きがもっとも発達するのは、幼児期から児童期だと言われています。

 

特に、4歳~8歳の子には様々な動きを、

9歳~12歳の子には「走る」「跳ぶ」「投げる」「捕る」などの基本的な運きの習得が適しています。

 

9歳くらいからは精神面も成長してきますので、戦術や状況判断、技術の習得には効果的です。この頃に覚えた技術は、大人になってもずっと身についているとも言われています。

 

また、15歳くらいまでは「自己肯定感(自分ならできる感)」が育まれるので、スポーツを通じてたくさんチャレンジをして、成功体験を積み重ねていくとgood!

骨格や筋力はまだまだ成長段階ですが、考える力・理解する力が深まる時期なので、課題を見つけてクリアできるようサポートしてあげたいですね!

 

 

子供がスポーツをするメリット

さて、子供の成長にあった運動が大切なのはわかりましたが、子供がスポーツをするとどんなメリットがあるのでしょうか。

 

海外の研究結果によると、若者のスポーツが重要な理由として

  • 肥満のリスクが1/10になる
  • 学業面でのテストの点数が40%UP↑
  • 喫煙、薬物使用、危険な性行為の減少
  • 大学進学率が15%UP↑
  • うつ病の低下
  • 自尊心が高くなる
  • 年収が7~8%高い
  • 医療費が減少(健康)
  • 仕事(職場)での生産性UP↑
  • 心臓病、脳卒中、がん、糖尿病のリスクを軽減
  • 老後に障害を抱える率が1/3に

このような効果がまとめられています。

 

幼少期から運動を行うことによって、身体的・精神的・社会的・感情的・学問的な利益があるのですね。

 

バレーボールがもたらすメリット

ここからは私の経験談と、私個人の感想になりますが、

子供がバレーボールをすることによって、どのようなメリットがあるのかも考えてみました!

 

利他の心が育まれる

バレーボールは球技スポーツの中で唯一、ボールを落としてはいけないスポーツです。

ネットをはさんで2つのチームに分かれ、自チームのコートにボールを落とすことなく、主に手や腕をつかって3回以内に相手チームのコートにボールを返します。

 

ですが、「落とさなければいいのか?」というとそうではありません!

 

次にボールをさわる仲間が繋ぎやすいように返す

 

こうした技術と気持ちが必要です。

そうでなければ繋がるボールも落ちてしまいます。

 

代表の幸介さんは、スクール生によく伝えています。

 

「自分がツライとか痛いとかはどうでもいい。次にさわる仲間が繋ぎやすければ、それが一番大切なことだ!」

 

利他(りた)の心です。

 

私たちの心には、「自分だけがよければいい」という利己の心と、「自分を犠牲にしても他の人を助けよう」とする利他の心があります。

 

利他の心を大切にしていれば、めぐりめぐって自分に返ってくる

私はバレーボールを通じて、そう習いました。

 

 

偏見かもしれませんが、バレーボールをやっていた人は思いやりのある、心優しい人が多いように思います。

LEADの小中学生を見ていても、卒業した高校生を見ていても、みんな他人を思いやれる心優しい子ばかりです。

 

 

なぜ、家でゲームばかり…学校でも控えめだった子が「中学生の練習にも参加したい!」と積極的になったのか?

LEAD小学生バレーボールスクールの詳細はこちらからご覧ください。

◯小学生バレーボールスクール