嫉妬するほど小学生の心をつかむ「高校生」

石川県/バレーボールスクール/バレーボールクラブ/LEAD

メンタルコーチ 前田佳奈

 

県内2つ目の小学生スクールを白山市でスタートして早2ヶ月が経ちました。

まだまだ少人数ですが、毎回楽しく子どもたちの成長を見守っています!

 

白山市の小学生スクールには、LEAD第1期生でキャプテンをしてくれた「のあん」(高校3年生)がコーチのお手伝いに来てくれています。

小学1年になった妹が習い始めたことと、彼女は保育士を目指しているので、運動指導や子どもたちとのコミュニケーションを学びたいというのがきっかけです。

 

そんな「のあんコーチ」ですが、、、

私や幸介さんが嫉妬するほど小学生の指導が上手!

 

どこで習ったんだ?誰の真似をしているんだ?と、不思議でなりません。笑

 

お布団に「ふかっ」って乗せるように・・・

バレーを習い始めたばかりの小学生。

しかも低学年となると、バレー指導は簡単ではありません。

 

私自身、メンタルトレーニングやカウンセリングで学んだノウハウを駆使し、どうすれば小学生に伝わるか、どんな言葉で、どんな練習メニューを取り入れればいいか…

「楽しくて」「バレーが好きになって」「自然と基礎が身につく」

この3つをテーマに研究・実践・改善を繰り返してきました。

 

なのに、のあんコーチはいとも簡単に小学生の心をつかみます。

 

なかなか直上パスができない子には、

『お布団に「ふかっ」って乗せるようにやってみて!』

 

アタックのフォームが良かった子には、

『今の「カッコいい」よ!』

 

ほかにも「トン、トトン♪」と音やリズムで教えたり、小学生でも理解できるように教えてあげているんですよね。

 

 

「腕はあまり振らずに膝を使って・・・」と教えるより、お布団に「ふかっ」と乗せると伝えた方が、膝の屈伸を使ってボールを吸収しようとしますよね。

 

「今のフォームいいよ!」と言っても、フォームって言葉がまだいまいちわからない子にとっては、「今のカッコいい!」と言われたほうが嬉しいですよね。

 

小学生は積極的に、「のあんコーチ、今のでいい?」「ちょっと見とって?」「どうやったらできる?」と質問しています。

 

同じ目線に立つこと

のあんコーチのもう一つ良いところは、子どもと一緒になって遊び、一緒に考えて、一緒に楽しむところです。

うまくいかない部分を見つけたら、「今のこうなっとったから、次はこうしてみて?」とちゃんと伝えます。それでもできなかったら「じゃぁ次はこうやってみて!」と試行錯誤。

その時の伝え方は、小学生でもイメージできる言葉を使います。

 

そしてうまくいったら、手をたたいて一緒になって大喜び。

 

(彼女はきっと、人気の保育士になるだろうなぁ~。)

 

 

同じ目線に立つ

この大切さをあらためて感じさせられた出来事でした。

 

 

大人気の「のあんコーチ」は毎週月曜の小学生スクールにいます!

  • スポーツの習い事が初めてのお子様
  • 人見知りのお子様
  • バレーボールが初めてのお子様

のあんコーチの手にかかれば、あっという間に笑顔ニコニコ&積極的に変わります。

ぜひ、任せてみてはいかがでしょうか?^^

 

 

それでは今日はこのへんで。

 

 

 

なぜ、家でゲームばかり…学校でも控えめだった子が「中学生の練習にも参加したい!」と積極的になったのか?

LEAD小学生バレーボールスクールの詳細はこちらからご覧ください。

◯小学生バレーボールスクール