さらば。マンネリ化生活

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

コーチ 村本大河

 

こんにちは!大河です。

先日の幸介さんのブログ【やる気スイッチはどこ?】をあなたはもうご覧になりましたか?

(まだの方はこちら

 

僕の個人的な話ではありますが、最近寒くなってきて、まさに!

動きたくないゆっくり休みたい気持ちで、甘い方へと逃げていた自分がいました。

 

さらに、朝は5時に起きてバイトに行って、講義を受けて、トレーナーの勉強をして、20時ごろに家に帰って、ご飯を食べて・・・

 

こんな毎日同じ生活ばかりを送っていました。

 

すると、毎日同じことをすることに飽きてきて、スッキリしない日が続いていました。

 

そんなとき【やる気スイッチはどこに】を読み、あることに気付かされました。

 

今日はそんな僕の経験から、皆さんのお役にたてると嬉しいです!

 

新たなことに挑戦してみる

「挑戦」と聞くと、大変そうなことをイメージするかもしれませんが、ここでいう挑戦はもっとフランクに考えてみてください。

 

僕の話に戻ると、少しでも勉強する時間が必要だと思い、

「トレーニングに時間を使うのはもったいないかなぁ」

「しかも、トレーニングきついし・・・」

 

こんな気持があり、1ヶ月ほど全くトレーニングをしていませんでした。

 

そんな時に目にしたのが、あの記事です。

 

幸介さんに負けられないと思い、さっそくジムに向かいトレーニングをしました。

 

すると・・・

 

普段、ずっとマンネリ化した生活を送り、楽しみも少なくなり、だらけた生活がスッキリし、リセットされた気持ちになりました。

 

これは普段やっていなかったことにチャレンジしたからこそ、生活に新しい色ができ、だらけていた部分が解消されたからだと思います。

 

やったことのないことや新たなことにチャレンジするのは大変かもしれませんが、

 

  • やってみようと思っていたこと
  • 前までやっていたけど最近やっていないこと
  • 友達がやっていることに混ぜてもらう など

 

このようなことなら、気軽にできそうですよね!

 

しかも、「2週間に1回する!」など自分なりのルールを作ってみるのも面白いかもしれません。

 

これは運動に限らず、趣味の裁縫や書道など、とにかく普段あまりできていなかったことに、時間を使ってみることがおすすめです。

 

マンネリ化した生活から抜け出し、ぜひ充実した1日1日を過ごしてほしいです!

 

それではまたお願いします。

 

 

 

「もう、部活もバレーも辞めよう…」と悩んでいた子が、なぜ強豪校進学を決意するまでに成長したのか?

LEAD中学生バレーボールスクールの詳細はこちらからご覧ください。

◯中学生バレーボールスクール詳細