【動画解説】セッターの基礎中の基礎!

石川県/バレーボール教室/LEAD

こんにちは!幸介です!

 

今日は、前回のセッター基礎についての続きになります。

前回は「ボールの下への入り方」でしたよね!

【動画解説】この基礎ができているセッターは「上手だ!」

 

 

セッターの基礎としては、ボールの下に入ることが一番大切で、

その次に、ボールを捉える位置が大切になってきます!

 

 

あなたは、どの位置でボールを捉えていますか?

 

ボールを捉える位置についてですが、

 

  • レフトにあげるときは前側であげる

 

  • ライトにあげるときは少し後ろ側であげる

 

というようなセッターをよく見かけます。

 

 

無意識になっているのだと思いますが、

トスの基礎、安定性を高めるためには、ボールを捉える位置を毎回同じにすることが重要です!

 

いろんなパターンがありますが、

例えば、ボールを右側で捉えて、レフトにトスを上げているならば、

トスが離れたり、手で調整している分、トスがブレます。

 

また、前側でボールを捉えていると、ライトトスが短くなりますし、

後ろ側で捉えていると、手からボールが抜けたりします!

 

 

今日の動画は、そんなの当たり前だと思うような内容ですが、とても重要!

 

「私もしかしたら、こうなってる?だからトスが安定しないの?」と思った方は、

自分のトス動画を撮って見比べてみるといいと思います!

 

 

 

 

セッターは、どんなボールも修正し、繋がなければなりません!

どんなにいいトスを上げて、スパイカーが決めてもスパイカーが目立ちます!

 

でも、これだけは言えます!

 

セッターがいいチームは強い!

 

あなたの頑張りを、必ず見ている人がいます!

頑張りましょう!!

 

 

 

PS.この度、遠方の方でも僕とレッスンができる「オンラインスクール」を始めました!

早速、何名かお申込みもいただき、嬉しいです!

 

  • こっそりライバルに差をつけたい!
  • フォームを見直したい!
  • 上達してレギュラーを勝ち取りたい!

という方の力になりたいと思っています!

↓ ↓ ↓

今すぐ、LEADオンラインスクールの詳細をチェック!

LEADオンラインスクール