メンタルを変える前にやるべきこと!

石川県/LEAD/バレーボール

 

スポーツメンタルコーチの前田佳奈です。

 

 

自分はメンタルが弱い・・・と悩む人が、

「こんな自分は嫌だ!メンタルを強くしたい!」と、

今までの自分を見つめ直し『変わろう!』とすることは、

とても素晴らしいことです。

 

 

私自身も、数年前、

 

周囲からどう思われるか?という人の評価が気になり、

素直に、ありのままを表現できない自分。

 

失敗するのが嫌で、思いきった行動ができない自分に対して、

『変わりたい』と思いました。

 

 

ですが、メンタルを変えるのはそんなに簡単ではなく、

 

なかなか変われない自分に対して、

「やっぱり自分は弱い人間だ」と、自分で自分を追い込んでいった経験があります。

 

 

メンタルを変える前に・・・

 

スポーツでも、テストや入試なども、なんでもそうですが、

プレッシャーのかかる場面や、いざ本番!となったときには、

 

積み重ねた成果を発揮するためにも、

「自分らしさ」「安定した自分」であることが大切です!

 

 

そして、その状態をつくるために必要なのが、

「安定した呼吸」「安定した姿勢」なのですが。

 

ほとんどの人は、「まずはメンタルの安定」を求めてしまいます!

 

 

特に、スポーツ指導者が子どもに対して、

 

  • 気持ちが弱いからミスするんだ!
  • 試合でも、練習と同じような気持ちでやれよ!(平常心でプレーしろよ!)

 

などと「メンタルの安定」を求めることは多いと思います。

 

 

そう言われてすぐに切り替えができるような、

安定したメンタルの持ち主なら、それでいいと思いますが、

 

もし、本人が「どうしよう。ヤバイ。このままじゃダメだ。」と思っている場合、

変わらなきゃ!と思えば思うほど、追い込まれていくことも考えられます。

 

 

ブレスオブライフ

 

今日はみなさんに覚えてほしい言葉があります!

 

それは『ブレスオブライフ』という言葉です。

 

呼吸が変わると、姿勢が変わる。

姿勢が変わると、メンタルが変わる。

メンタルが変わると、パフォーマンスが変わる。

 

つまり、呼吸を変えることは、人生を変えることでもある!という言葉です。

 

 

心と身体は繋がっています。

 

辛いとき、悲しいとき、

空を見上げて口角を上げ、胸を広げて大きく深呼吸するだけで、

心はとても楽になるものです。

 

下を向いて、背中をまるめている状態では、

いいアイディアも浮かびません。

 

 

安定した自分になるために

 

メンタルを安定させたかったら、まずは、深呼吸をして、

安定した姿勢をつくることからはじめましょう!

 

これは「ポジショニング」といって、

メンタルトレーニングを行うオリンピック選手が、最初に取り組むことです。

 

ポジショニングをルーティーンのなかに入れている選手も少なくはありません。

 

 

どんな状況でも、どんな環境でも、自分一人で、

自分のベストな姿勢をつくる

 

 

それができれば、プレッシャーのかかる場面や、いざ本番!となったときも、

安定した自分で、成果を発揮することができますよ!

 

 

 

ポジショニングには、いくつかポイントがありますので、

スクール生は今月のメンタルトレーニングで行いたいと思います!

 

【LEAD月1メントレ】

日時/2月18日(日)17:00~18:00
場所/松任総合体育館 1F集会室

 

 

 

それでは、今日はこのへんで!

 

 

 


 

LEADのバレーボールスクールでは、月に一度、メンタルトレーニングも行っています!

バレー技術とメンタル技術、両方にアプローチをかけることで、
より早い上達が期待できます!

まずは無料体験にお越しください!

↓ ↓ ↓

バレーボールスクールの体験に申込む