【動画解説】あごが上がると、なぜダメなのか?

石川県/バレーボール/LEAD

 

前田幸介です!

 

あなたは、パスやレセプション、ディグをする際、あごが上がっていませんか?

そもそも、あごが上がると、なぜダメなのでしょうか?

 

僕が考える理由は2つです。

 

理由①▶▶あごが上がると、ヒットする際にボールが見えなくなってしまう

理由②▶▶手と顔が遠いため、手がブレてしまい安定しない

 

 

つまり、あごは上げないほうがいいのですが。

 

では、なぜそうなってしまうのか?

 

それは、ボールの見方が大きく関係しているからだと言えます。

 

 

あごを引いて取れ??

 

よく「あごを引いて取れ!」という指導者がいます。

これは決して間違いではありません。

 

ですが、LEADでは、その前段階で、まず、ボールの見方を教えています。

 

『ボールを顔で追うんじゃなくて、あごを引いて、動かすのは「目」だけ!』

 

ボールを見る段階から、あごを引いて目だけを動かす。

そうすることで、ボールを触る時には、すでにあごは引いた状態になります。

 

「あごを引いて取れ!」も伝えたいことは同じですが、

子どもたちの中には、ボールを取る「瞬間」にあごを引こうとして、目線の上下が生じてしまい、

結果的に安定しないことがあります。

 

 

下の、2つの動画を見比べてみてください。

 

動画①「顔」でボールを追いかけるレシーブ

 

 

動画②「目」だけでボールを追いかけるレシーブ

 

違いは、一目瞭然ですよね!

 

 

『ボールを顔で追うんじゃなくて、あごを引いて、動かすのは「目」だけ!』

 

まずは、ボールを見るところから、意識してみてください。

そこが変わるだけで、ディグだけでなく、プレー全体が安定していきますよ!

 

 

 


「ミス」をすることは問題ではない!

『意識してやってみる』これが上達の近道です!!

↓ ↓

バレーボールスクールの無料体験はこちらから