石川県/バレーボールスクール/バレーボールクラブ/LEAD

メンタルコーチ 前田佳奈

 

今日は、小学生スクールの、心温まる話をしたいと思います。

 

突然ですが、うちの小学生スクールの誇れるところは、、、

「心優しいの子ども達」がいることです!

 

スクールを始めてから今まで、子ども同士のケンカは一度もなく、お友達が嫌がることを言って涙したり、それで辞めた子は一人もいません。

子ども達がそうだからか、保護者間のトラブルも一切なく、本当に楽しく活動できています。

 

でもこれって、不思議だな~と思うのです。

 

なぜなら私が小学生の時は、集団でもわがままな事を言ったし、お友達がミスをした時に嫌な顔もしたし、仲間外れにされたり、逆にそういうことをしたり…

なんかそういうのも「子どもらしい」「素直」だと思うんです。

 

でも、小学生スクールの子たちは違います。

 

お友達のミスをカバーする

5・6年生は、例えば低学年の子たちが「サーブミス」をした時に、

『佳奈さん!もう一回!』
(チャンスあげて)

と全力で訴えてきます。

 

ルール上、サーブがネットに届かなかったら「ミス」「相手のポイント」になるのですが、

ネットに届かなかったサーブを誰かがパスで繋いで相手コートに返して

『返った!繋がった!』

と主張してきます。笑

 

これって、ミスをしてしまった子にとっては、すごく嬉しいことですよね!

 

  • 自分のミスのせいで相手チームに点が入った
  • 自分のミスのせいで負けてしまった

 

小学生や初心者の子にとっては、嫌な経験になるはずです。

 

でも、ルールを無視してまで(笑)

お友達のミスをカバーしようとする気持ち!!

 

もちろん私はチャンスを与えるのですが、

何度ミスをしても、もう一度チャレンジできる環境がそこにはあります。

 

ドンマイ!次!と声をかける

ミスをした時に「無視」されることほど辛いことはありません。

チャレンジする回数が多いほど、ミスも増えますし、まだまだプレーが安定しないうちは誰だってミスをします。

 

そんな時、小学生スクールの子たちは、

「惜しい!」「ドンマイ!」「次、次!」

と励ましの言葉をかけにいくのです。

 

当たり前に思えるかもしれませんが、レベルの高いチームや中高生になると、できていないことも多いです。

自分のことで精一杯になったり、人の気持ちになって考えられなかったり、ミスをした子に対してイラっとするからだと思います。

 

学校や家庭などで「人にされて嫌なことはするな!」と教わりましたが、そう簡単ではないですよね、、、

子ども達の優しさにふれて、心が洗われます。

 

さいごに・・・

可愛い可愛い小学1・2年生の練習動画をご覧ください♪

最初はボールをこわがっていた子も、少しずつですが上達しています!^^

 

 

小学生スクールのメンバーは、大会には出ません。

他チームとの練習試合もないですし、高いレベルのバレーが経験できる場所ではありませんが、

 

  • 運動の機会が少ない(苦手な)お子様
  • 初めてチームスポーツを習うお子様
  • 人見知り、引っ込み思案、チャレンジが苦手なお子様

 

には、全力でオススメしたいスクールです!^^

 

 

 

なぜ、家でゲームばかり…学校でも控えめだった子が「中学生の練習にも参加したい!」と積極的になったのか?

LEAD小学生バレーボールスクールの詳細はこちらからご覧ください。

◯小学生バレーボールスクール