アンダーの2段トスを安定させる3つのポイント

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

前田幸介

 

もしもあなたが、2段トスについて

  • 怖くてあげられない
  • 短くなったり、ネットに近くなったりしてしまう
  • いつも安定しない

このように不安を抱えながらプレーしているとしたら、今日の僕のブログは、あなたの為の内容です。

 

バレーボールは、あなた一人がいても成り立たないスポーツで、仲間と一つのボールを繋ぐスポーツです。

例え上手なリベロがいても、例え素晴らしいエースがいても、なかなか勝てないのがバレーボールで、そこがまた面白いところ。

 

ということは、3本目のスパイカーへ繋ぐ「2本目のトス」がとても重要になってきます!

 

しかも!!

試合になると、毎回セッターが良い状態でトスをあげれるとは限りません。つまり「2段トス」でスパイカーが打ち切れるトスが上げられるかどうかが大事になってきます。

 

ぜひ、最後まで読んでください。

 

繋ぎがいいチームは強い

先ほども言ったように、3本目のスパイカーへの2段トスがよければ、スパイカーは気持ちよく打つことができますし、コースを狙ったりと決定力をあげることもできてきます。

繋ぎが良くないチームというのは、例えいいレシーブがあったとしても、3本目のラストボールを決めきれなかったり、チャンスボールで返してしまう場面が多くなるので、自チームの苦しい場面が続くことが多いです。

なので、いいエースがいても勝てないし、いいリベロがいても勝てない状況になってしまいます。

 

安定させるコツは3つです!

 

まずはこちらの動画をご覧ください!

↓ ↓

 

 

 

意識するポイント

  1. 身体の向き
  2. 腕の使い方
  3. 目線を上下させない

 

※ボールの下に早く入るということは当たり前の話なので、今回は省いてあります。

 

 

ボールは正直者なので、腕の面が上手くできていなかったり、腕だけであげてしまうと変な回転をしたりします。裏を返せば、フォームを改善することでコントロールすることができるということです。

 

僕は身長が小さく高さもなかったため、高校大学とセッターやリベロをすることが多く、

 

  • どんなトスを上げたらアタッカーが打ちやすいか
  • どのようなフォームで2段トスを上げれば、アタッカーが見やすく、タイミングが取りやすいか
  • どうすれば安定するのか

 

そういった細かい部分までこだわりました。

 

今は2段トスが安定せず、カバーをするのが「恐い」と思っているあなたも、このポイントを意識して練習すれば、きっと得意分野に変わり、自信をもってプレーできるでしょう!

 

もちろん、動画のようなフォームであげられないような1本目のレシーブもありますが、今できる最大限の意識で練習することが、プレーの安定とチームの勝利に繋がってきます。

 

 

ぜひ、明日からの練習で実践してみてください!

それでは今日は、このへんで。

 

 

 

◆こちらの記事も読んでみてください!

「もう部活もバレーも辞めよう…」と悩んでいた子が、なぜ強豪校進学を決意するまでに成長したのか?