石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

前田幸介

 

突然ですが、あなたはスキルアップの為に何が大切だと思いますか?

  • 1本1本意識して練習すること
  • 新しいことに挑戦し、できることを増やす
  • 強い気持ち!!

このような意見が出てくるのではないでしょうか。

では、もう一つ質問です。

 

強い気持ちで、1本1本意識して練習し、新しいことにどんどん挑戦していますか?」

・・・どうでしょう。なんだかんだ、できてないな~という人が多いんじゃないでしょうか。

 

スキルアップの為に大切なことが分かっていながら、行動に移せないのはなぜか。

もし今あなたがなかなか行動に移せていないのであれば、今からお話しすることは、あなたにとって必ずプラスになると思います!

 

今日の内容を読むと、「失敗」に対して前向きな考えに変わるので、ぜひ最後まで読んでください。

 

行動の先に何がある?

頭では、やらなきゃいけないことは分かっていても、実際に行動に移せないのはなぜか。

多くの場合、

  1. 失敗するのが怖い
  2. 失敗したくない
  3. 失敗して、怒られたり、まわりに迷惑をかけたくない

このような、考えがあるのだと思います。

 

ほとんどの選手は、行動の先に「成功」と「失敗」の2つの道があると思っています

  1. 行動成功
  2. 行動失敗

 

行動することに対して、この2つのパターンを考えてしまうので、失敗を恐れてしまい、

  • 失敗するくらいならやめておこう
  • 挑戦しないでおこう
  • 迷惑かけないようにしよう

という心理が働くんです。だって、挑戦さえしなければ失敗しないですからね?

(例:コースを狙って打つとアウトになりそうだから、ど真ん中にサーブを打つ)

 

でも、この考えは違います。

 

行動の先には必ずと言っていいほど失敗があり、その先に成功があります。

  1. 行動→失敗成功

 

要するに、行動の先にはこのパターンしかないということです。

 

 

多くの選手が、失敗をしてチームメイトに迷惑をかけたくないとか、怒られたくないと消極的なプレーをします。

 

ですが、僕が指導者としてアドバイスするなら

でも、上手くなりたいんだよね?」「今よりも成長したいんだよね?」だったら挑戦して失敗しようよ。挑戦したことが失敗して、怒られたっていい。仲間に迷惑をかけたっていい。それが自分の成長に必ずつながるし、助けてくれる仲間いてチームなんだから。

こんな言葉をかけます。

 

失敗を経験するからこそ、次への課題が見えてくるし、あなただけではなくチーム全体が成長していきます。

それに、どうせ怒られるなら、思い切りやって失敗したほうがいいと思いませんか?笑

 

僕は、そんな行動(挑戦)している選手がすごく好きです。

 

僕が指導しているスクールでは「失敗してもいいから、挑戦しよう!」と口すっぱくいっています。

それは僕自身が、失敗の先に成功があることを知っているからです。

 

スクール生だけではなく、あなたやバレーボールを頑張っている多くの選手に、この考えを伝えていきたいと思っています。

 

失敗して当たり前。その失敗を乗り越え、成功したら男前!

 

バレーボールを楽しみましょう!!

それでは今日はこの辺で。