バレーボールが今の3倍楽しくなる方法!

石川県/バレーボール教室/LEAD

 

前田幸介です!

 

バレーボールは、サーブレセプションが大事だとよく言われています。

 

この2つがいいチームは、試合を有利に進めることができますし、

この2つのプレーに自信がつくだけで、バレーボールが2倍も3倍も楽しくなります!

 

 

なので今日は、レセプションが上達する方法を動画で解説していこうと思います。

 

 

もしも、あなたが、

  • レセプションが苦手。
  • いつもボールを弾いてしまう・・・
  • 練習しても、なかなか上手くならない

 

という悩みを抱えているのでしたら、

もしかしたら「ミスしやすい、ムダな動き」が原因で、

一つ意識を変えるだけで、悩みが解決するかもしれません!

 

 

自分からいかない、待つの。

 

ボールを弾いてしまう人には、ある共通点があります。

  1. 自分からボールに向かっている
  2. あごがあがっているので、腕とボールの距離が遠い
  3. 手を下で組み、振り回している
  4. 目線を上下させていることで、ボールが変化しているように感じる

 

人それぞれ、ほかにも原因が考えられますが、

今回はこの中から、【①自分からボールに向かっている】に関して説明していきます。

 

 

まずはこの動画をご覧ください。

 

 

みなさんはこの取り方を見てどう思いましたか?

レセプションをする際に、自分からボールに向かっている様に見えませんか?

 

これは、自分から変化しているボールに飛びついています

 

飛びついている分、顔と腕の距離も離れますし、あごも上がってしまいやすいので、

コントロールができなくなります。

 

 

それをふまえて、もう一度、ご覧ください!

 

 

次は、こちらの動画をご覧ください。

 

 

自分から飛びつかずに我慢、自分の懐の中で取っているのが分かりますよね!

また、腕と顔の距離あごの位置が安定していますので、簡単には弾かないフォームです。

 

 

もう一度、どうぞ。

 

 

相手のサーブは常に変化して飛んできます。

手元で変化する場合もあるでしょう。

 

自分からボールを迎えにいかず、自分の中でボールの変化を殺すというイメージを持ちましょう!

 

 

 

練習方法としては、コーチに逆回転のサーブを打ってもらい、

ボールをキャッチすることから始めるといいです。

 

そのときに意識するのはこちら!

 

『自分からいかない、待つの。』

(ブルゾンちえみ風)

 

 

逆回転のコントロールが難しい場合、投げてもらうだけでもいいです。

 

逆回転サーブは、あまり変化しないので、我慢する練習には凄くいいですし、

腕の面にあたる感覚もつかみやすいのでオススメです。

 

 

スクール生にはよく言いますが、

 

練習は、

  • 試合で勝つため(実力を発揮するため)
  • 自分自身とチームがより良くなるため

に行うものですよね!

 

「ミスをしてもいいから、意識してやってみる。大袈裟に変えてみる。」

 

これは練習でしかできないことです。

 

試合で勝つために、練習で精一杯チャレンジしましょう!

 

その中で出たミスは、なんの問題でもありません!

 

それでは、また!

 

 

 


 

LEADは「もっとバレーがしたい!もっと上手になりたい!」
そう強く願う、あなたのためのクラブです。

バレーに打ち込める環境がここにはあります!
共に目標を目指す仲間がいます!

まずは、体験に来てみませんか?

↓ ↓ ↓

バレーボールスクールの無料体験はこちらから