石川県/LEAD/バレーボールスクール/バレーボールクラブ

前田幸介

 

こんにちは!

先日のバレーW杯。たくさんの感動と刺激を受けたのではないでしょうか?

僕は、チームワークがよく、上位を狙い楽しく戦う日本代表には本当に感動しましたし、今後の指導やクラブ運営に対しても、良いイメージを持つことができました!

 

さて、あなたは、日々の練習や試合でどんなイメージをもっていますか?

 

  • スパイクで相手の指先に当てて、点数を取る
  • 1枚ブロックで、相手が決めにきたスパイクを、綺麗にレシーブした
  • 狙ったサーブで相手を崩し、得点に繋がった
  • サーブレシーブが苦手だが、フォームを意識したことでAパスが返った

 

そんな成功イメージを常に持ち、目標に向かって全力でプレーできているのか。

それとも・・・

 

  • 打ったスパイクがアウトになり、自分もチームもガッカリしている
  • 狙ったサーブがネットにかかってしまい、監督から怒られる
  • サーブレシーブを弾いてしまい、試合に負ける
  • ダブルコンタクトを繰り返してしまう

 

このような失敗イメージを持ってしまい、積極的にプレーできないのか。。。

 

イメージには、この2つ

「成功イメージ」「失敗イメージ」

 

どちらのイメージを持つかで、プレー面もそうですし、メンタルやモチベーションにも繋がってきますので、技術向上に大きく関係してきます。

 

 

イメージが起こす変化

 

少し前にこんなことがありました。

スクール生の一人が、一生懸命バスケットリングに向かってジャンプをしていて、もう少しで届くところまでいきますが、何度やっても届きませんでした。

 

「助走するところからリングに触わって、喜んでいるところまでイメージしてみんか!」

 

僕がかけた言葉は、助走のアドバイスではなく、成功イメージについてのアドバイスです。

 

するとその子は、目を閉じて成功イメージを繰り返し行った後、2回目でリングに触りました!

 

 

こんな生徒もいました。

プレー面では、いつもダブルコンタクトを繰り返してしまうセッター。

 

フォームなどの技術に関しては、知識もあり、能力もありますが、1本目のレシーブが高く上がった時、7~8割の確率でダブルコンタクトになってしまう。

 

「高いパスがくると、ヤバイ!って思ってしまうんです!」

 

その子は、高いパスがきた時、ダブルコンタクトになった失敗イメージを毎回持ってしまうため、怖くなって、力が入り、フォームやタイミングが乱れてしまいます。

 

「ドリブルしないようにとか、打ちやすい綺麗なトスを上げることよりも、

レフトに丸い輪のような目標を作って、そこにボールを通すイメージで上げよう!

 

このアドバイスを意識し、成功イメージもってトスを上げることで、ダブルコンタクトはほとんどしなくなりました。

 

 

成功イメージの重要性

 

なぜ、成功イメージが重要なのか。

それは脳の仕組みに関係しているようです。

 

脳は、イメージと現実の区別がつかないので、

イメージしたことを、身体に変化を起こして、現実にしようとします。

 

だから、ネットにかかる失敗イメージをすると、フォームが縮こまり、ネットにかかる確率が高くなりますし、

サーブレシーブを弾く失敗イメージをすると、慌てて手を出してしまったり手を振り回してしまう為、ミスにつながりやすくなります。

 

 

練習回数を増やすだけでは変わらない!

 

できないことに関して、回数を増やすだけでは、上達には限りがありますし、時間がかかります。

また、失敗イメージを持ったまま、ただ回数をこなしていると、もちろん失敗を繰り返すだけではなく、どんどんプレーに自信が持てなくなり、消極的なプレーしかできなくなってしまいます。

 

何かアクションを加えていかないと、良い方向に向かっていけません。

 

まずは、回数をこなすというよりも、自分の中で成功イメージを作って、練習に取り組んでいきましょう!

意外と、すぐに修正でき、自信を持って積極的にプレーすることがでるようになっていきますよ。

 

ぜひ、トライしてみてください!

 

それでは今日はこのへんで。

 

 

 

LEADバレーボールスクールで、かけがえのない仲間に出会う!

無料体験は下記をクリック!

https://lead-va.com/school-program/volleyball-school