自分のプレー映像、見てますか?

石川県/LEAD/バレーボール

スポーツメンタルコーチの前田佳奈です!

 

高校時代のことですが、

とにかく自分が嫌いで、自信がありませんでした。

写真も嫌。下手な自分のプレーを見るのも嫌でした。

 

家には、全試合のDVDがありましたが、

ほとんど見たことがありません!

 

親が見ようとしていた時も、

「私のいない時に見て!」と言ったくらいです。

 

キャプテンとして、インタビューを受けたり、

春高バレーでテレビに映った時も、実はすごく嫌でした。。。

 

 

私の後悔・・・

 

私と対照的なのは、幸介さんです!

 

幸介さんは、日課のように自分のプレー映像を見て、分析を重ねた研究家。

また、お兄さんの試合や、Vリーグの試合を何度も見て、

とにかく真似をしたそうです。

 

だからでしょうね!

幸介さんは、とても上手です。笑

 

 

私は、自分に自信がなくて、、、

というか、

きっと、下手くそな自分を見る勇気がありませんでした。

 

逃げていたんだと思います。

 

今思うと、もっと自分のプレーを見て研究すべきだったな、と後悔しています。

 

 

自分のプレー映像を見たほうがいい理由

 

練習や試合の映像を撮って、見たほうがいい理由はたくさんあります!

 

  • 自分のフォーム・動きに気づく

    自分のプレー映像を見て、 「えっ?私って、こんなフォームなの?」と思ったことはありませんか?
    「え?何で私こんな位置にいるんだろう?」「めちゃくちゃ焦っているな~」 など、
    あらためて見ることで、気づくことがあるはずです。

 

  • 良い部分に気づくことができる

    試合では、自分の悪いプレーやミスに意識が向きがちですが、
    良いプレーも必ずあります!

    できている部分・良かったプレーに気づくことで、
    自信にも繋がるでしょう!

 

  • 分析能力が身につく

    自分のプレーを見て、自己分析を重ねることで、
    仲間の分析、相手の分析も自然とできるようになります!

    LEADのスクール生はわかると思いますが、
    幸介さんは、この分析力がずば抜けているから、指導も的確なんですよね!

 

  • 効率の良い練習ができる

    間違った動き・間違ったフォームで反復練習を繰り返していると、
    上達どころか、悪い癖がついたり、ケガの原因にもなりかねませんよね!

 

  • 右脳を鍛えて、上達スピードUP!

    私たちは「左脳」で言葉文字を認識し、物事・理屈を考えます。
    そして「右脳」で映像を認識し、感覚、直感、ひらめき、イメージを記憶しています。

    脳はイメージしたものを現実にするため、身体に変化を起こしますので、
    映像を見て、右脳にアプローチをかけることが、上達の近道と言えます!

 

 

百聞は一見にしかず!

 

バレーボールだけでなく、

スポーツが上達する一番の近道は、

自分のプレー映像を見て分析し、気づいたことを実践することです!

 

・・・と、高校時代の私に教えてあげたい!笑

 

 

これは指導者にも言えること。

 

言葉で何度も何度も教えるより、

実際にやって見せる・動画を撮って見せるほうが

はるかに伝わります!

 

 

 

【LEADスクール生へ】

親に撮ってもらった練習映像、ちゃんと確認してますか?

自分の試合のDVD、何度も見て研究してますか?

 

私のように、大人になってから後悔しても遅いよ?笑

 

もし、自分のプレーを見たことがない人は、親に頼んで撮ってもらおう!

 

 

そして、保護者の皆さん!

体育館の隅から、離れてこっそり撮るのではなくて、

ぜひ、いいアングルで撮ってあげてください!

 

三脚をセットしていただいても構いません!笑

コートの近くまで、来ていただいてもOKです!

 

 

 

ぜひ、自分のプレー映像を研究・分析して、

上達スピードをガンガン上げてくださいね^^

 

 

 


 

  • 初心者だけど、バレーを始めたい!
  • バレーを基礎から学びたい!
  • もっと上手になりたい!
  • メンタルを強くしたい!
  • 心からバレーを楽しみたい!

 

LEADはそんな子どもたちの為のクラブです。

↓ ↓ ↓

バレーボールスクールの体験はこちらから!