試合(ラリー)になると、練習通りのスパイクが打てない

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

前田幸介

 

練習ではバシッと強いスパイクを打っているのに、

いざ試合になると(ラリーになると)、練習通りのスパイクが打てない・・・

なんてことはありませんか?

 

これは、ラリー中に十分な助走がとれず、タイミングが合わないために起こることが多いのですが、

原因は『助走の下がり方』にあります!

 

 

スパイク助走が『バック走』になっていませんか?

 

あなたは助走をとる際、下がり方が『バック走』になっていませんか?

 

バック走では十分な助走がとれず、最初の一歩の動き出しが遅れます。

 

また、トスが少し乱れただけで、

トスに追いつけなかったり、入りすぎてかぶってしまい、

タイミングがとれずに打てなくなります。

 

 

からだを半身にして、十分な助走をとろう!

 

では、どのような下がり方がいいかというと、

からだを『半身』の状態にして、素早く下がることが大事になってきます。

 

そうすることで、十分な助走がとりやすいですし、時間を作ることも可能です!

さらに、トスが多少ネットから離れようが、短くなろうが、対応できるようになるでしょう。

 

また、思い切りのある強い助走ができるため、高く跳ぶことにも繋がります。

 

では、動画を見てみましょう!

 

 

 

小さい頃から基礎を身につけよう!

 

正直言って、身長が高ければ、またセンスがあれば、バック走でも打てる選手はいると思います。

 

しかし、小中学生のうちに、こういう基礎を体に染み込ませた方がいいと僕は考えます!

 

  • しっかり助走をとって、どんなトスにも対応してスパイクを打ち切る!
  • 2段トスをしっかりひらいて打ち切る!
  • 仲間のトスミスを修正して打ち切る!

 

これができないうちから、フェイントや小手先のプレーで点をとっていると、

高校で速い攻撃になった時や高さのある相手と戦う時に、力強いスパイクを決めることはできません。

 

 

スパイク練習の時だけでなく、いかに試合中に意識できるかが上達のカギです!

試合で勝つために、力強いスパイクを打ち切るために、練習から意識して取り組みましょう!

 

それでは!

 

 

 

◆こちらの記事も読んでみてください!

「もう部活もバレーも辞めよう…」と悩んでいた子が、なぜ強豪校進学を決意するまでに成長したのか?