石川県/バレーボールスクール/スポーツメンタルコーチ

前田佳奈

 

「試合で負けた・・・」

スポーツをしていれば必ず誰もが経験すること。

全国優勝しない限り、必ずどこかで負けますからね。

 

試合で負けた時というのは、成長するチャンス!なのですが、ほとんどの人がそれをマイナスに捉え、せっかくのチャンスを見逃してしまっています。

 

今日は、お子さんが試合で負けた時に

「成長するチャンスをつかむ方法」についてお伝えします!

 

負けた子どもはかわいそう?

負けるのはとても辛いことです。

泣き崩れ、まるで抜け殻のように落ち込むこともあるでしょう。

 

落ち込むのは「悔しい」から 。

悔しいのは「勝てる努力」を重ね、本気で「勝てる」と思っていた証拠です。

 

なので、試合に負けて落ち込む子どもを「かわいそう」だと思ってはいけません。

 

  • かわいそうだから、そっとしておこう
  • かわいそうだから、大好物の料理を作ろう

 

そうした親の気遣いが、

 

  • 負けるのは悪いこと
  • 落ち込む顔を見せると、まわりは何も言ってこない
  • 負けると親切にしてもらえる

 

などと無意識のうちに学習していくのです。

 

試合で負けることは悪いことではありません。

大事なのは「次どうしたら勝てるのか」を真剣に考えさせることです。

 

子:『絶対に勝てる相手だった…』

親:「何があれば勝てた?」

子:『あの時の、自分のミスがなかったら…』

親:「次はどうしたら勝てると思う?」

子:『最初からもっと攻めて・・・(中略)』

親:「次勝つために、何か変えていこうよ?」

子:『もっと練習して、、、生活から変えるよ。早寝早起きもする。自分のことは自分でする。』

親:「いいね!できることからやっていこう!そしたら次はきっと勝てるよ!」

 

負けた時こそ、自分を見つめ直す大チャンス。変わるチャンス。成長するチャンス。

自分のプレーやメンタルを強化するチャンスだと考えてください。

 

負けた原因わかってる?

これは、私がメンタルセッションで選手に確認する質問です。

なんで負けたと思いますか?

試合が終わった後、試合の振り返りをしない選手はとても多いです。

 

試合の振り返りもせず、負けた原因を探ろうともせずにいることは、すごくもったいないこと。

なぜなら、敗因がわかるからこそ、これから何を強化すればいいのか、次の課題が明確になり、モチベーションも高まるからです。

 

そして、あんなに辛かった負けも「次の試合で勝つための負け」に変わります。

 

とは言っても、試合直後に振り返るのは、簡単なことではありませんよね。

なので、試合後一週間以内に、自分なりの答えがでればOKです。

 

自分で考えてもわからない時は、コーチやチームメイト、親がアドバイスしてもいいでしょう。

 

試合の映像を見返したり、試合で何が起こったのか?をノートに書き出してみてください。

そうして身についた「分析力」は、今後の試合で必ずいきてきます!

 

負け=チャンス!!

試合に負けた時は、大きく変われるチャンス!だと思ってください。

 

良くないのは、落ち込むこともせず、向き合うこともせず、考えることもせず、

「何もしない」こと。

 

試合の振り返りをしないのは、せっかくの成長のチャンスを放棄しているのと一緒です。

 

ぜひ、このチャンスを掴み、次の勝ちに繋げてくださいね。

それでは!

 

 

バレーを基礎から学び、メンタルも強くしたいなら、LEADのバレーボールスクールへ!

中学生バレーボールスクールの無料体験はこちらから