【高校生インタビュー】全国のキャプテンへ伝えたい。

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

こんにちは!佳奈です。

LEADを卒業した高校3年生に「バレー経験談」をインタビューしましたので、ご紹介します。

高校3年生 Nさん!

佳奈:よろしくお願いしまーす!

Nさん:お願いしまーす!

佳奈:えっとー、みんなに聞いとることと同じになるげんけど、LEADで・・・あっ、そう!
Nは第1期生で!LEAD最初の、会員ナンバー1番やけど(笑)

Nさん:うん!すごい好き!それ!

佳奈:まぁ約2年?くらい通って、どういうことを学びましたか?

Nさん:えっとまずは、自分に、なんか周りを見る力がすごいついた!

佳奈:ふーん、すごいね!

Nさん:そう、なんか、声かけもできるようになったし、あとは、他のポジションの事とか全然知らんかったけど、佳奈さんらや幸介さんが言っとるアドバイスとかを、自分には言ってないけど他の人に言っとる時も自分のことのように聞いて、あーこういうのあるんや~みたいなふうに思って、こういう風に思っとるんや他のポジションの子は!みたいな。

佳奈:うん、うん!

Nさん:他のポジションの人の事情もわかったから、こうした方がやりやすいとか、こんなんなっとるよ~とか、自分のポジションじゃない人にもアドバイスできるようになったから、そういう力がついたかなって、そう思います。

佳奈:それって、セッターとしても大事なことやよね!

Nさん:うん!すごい。じゃなかったら合わせれん!1本目のパスとかこうしてほしいとか言えんし、スパイカーにもどういうトスの方が打ちやすいか「こういうのの方が打ちやすいよね?」『そう、それがいいー!』とか、自分もわかりやすいし、相手も多分わかりやすいから、それがセッターにとっては大事やと思うし、それが身について自分にもプラスになりました。

佳奈:うんうん!・・・なんかNが中学の時って、練習終わったら毎日のようにお悩み相談やったけど、、、

Nさん:たしかに(笑)

佳奈:だいぶ悩んどったもんね?

Nさん:うん、いろんなことに悩んどった。

佳奈:なんか、相談しやすかった?私ら。

Nさん:うん、なんか、なんやろぉ。この前相談した時もそうなんですけど、なんか自分と違う考え方やから、あーこういう考え方もあるんやな~とか為になったし、自分よりほかに経験しとることがあるから、「こうした方がいいんじゃない?」とかアドバイスとかすごいもらえたから、だから相談とかすごいしやすかった。

佳奈:私らも相談してくれることはすごい嬉しいことやし、こういうことで悩んどるんやろな~っていうのは、だいたいわかるから。

Nさん:うん!

佳奈:でも、アドバイスを聞いて、次の日とかにそれを学校で試してみるっていうのはその人その人やけど、けっこうNは素直に試したりとか、周りの人に言ったりとか、しとった気がする!

Nさん:うん、なんか、そうしんなん変わらんから、チームが。だからなんか、変えたい!もっと良くしたい!みたいなのがすごい強くなった。「できん」とか、キャプテンとして「嫌われたくない」とか思っとって行動せんかったら、全然いいチームにならんから。

佳奈:うんうん。

Nさん:なんか嫌われたりするのはイヤかもしれんけど、行動せんなん!って思って、動きました。

佳奈:LEADでもキャプテンやったもんね?

Nさん:そうそうそう。

佳奈:でもなんか、私も幸介も同じように思っとるけど、LEADをこんなふうに作ってってくれたのは「Nのリーダーシップがあったからやな~」って思う。

Nさん:うん(照)

佳奈:雰囲気を・・・

Nさん:頑張りました!そこは!(笑)

佳奈:だいぶ頑張ったよね(笑)

Nさん:だって実際、「はじめまして~」からはじまるような子たちばっかりで、どんな子かもよくわからんし~、からはじまって。

佳奈:別の中学校だもんね!

Nさん:そう。で、中学校に戻れば敵になるけど、LEADに来たら仲間になるし、なんかそこで、みんなでもっといい練習を作るためには?ってすごい考えました。

佳奈:なんかそうやって考えてくれとったんやな~っていうのはすごい伝わった。でもあれだよね!なんか周りの子たちも、みんな協力的やったよね?

Nさん:たしかに!なんかみんな、やる気っていうか、自分らの代の子らすごいなんか仲良かったってめっちゃ思うんですよ。今でも。

佳奈:うん!仲良いね~

Nさん:そう、男女ぜんぜん関係なく、お互い「おいっ!」みたいなそんな感じでなんでも言い合える仲で(笑)

佳奈:うん!

Nさん:でもちゃんと練習中は、「こんなんなっとるよ?」とか教え合える。指摘じゃないけど、注意じゃないけど、そういう教え合いとかしっかりできとって、自分じゃわからんことを周りで見とって気づいたら言える、そういう雰囲気っていうか環境もあったから。

佳奈:そうそう!Nの代の子たちってみんな「顔変えろや!」とか「もっとこうした方がレシーブあがるよ!」とか、「強気で打てよ!」とか、「今のこうなっとった?」とか、なんか自分たちで一緒に考えて・・・

Nさん:自分たちでバレーしとった!!

佳奈:うん、だから私らが言わんくっても、お互い、なんかコーチがいっぱいおったっていう感じかな!

Nさん:うんうん!それがすごい良い環境やったなって、めっちゃ思います。

佳奈:やっぱりキャプテンやっとって、自分がなんか指示を出した時に、冷たい目で見られたりとか、「なんやしゃしゃって!」っていうんけ?

Nさん:うるさいよね~みたいな感じですか?

佳奈:そう。そんなふうになったら、そういう雰囲気も感じとれるがいね?こう思われとるんやろな~とか。

Nさん:うんうんうん。

佳奈:そうなったらやっぱり辛いけど、けっこう周りも、Nが「集まって~」とか「こうなっとるからもっとこうしよう」とか言った時に、みんなも『そうやな!』みたいな、変えていこうってみんながそんな感じやったような気がするね!

Nさん:うん、そんな感じでした!・・・それが、でも、めっちゃ楽しかった。だから、なんか自分も、勇気がでた。みんななら言ってもいいよね、みたいな。良くする為やし、みたいな。

佳奈:うんうん!

Nさん:自分が出しゃばっとるっていうのじゃなくて、一緒にチームを良くするために、自分が気づいたこととか思ったことを言うし、言える環境をまわりが自然と作ってくれとった感じがする!だから、すごいやりやすかった。

佳奈:うん!なんか今でも、良い雰囲気やったな~って思う!

Nさん:うん!今すぐ思い出せれるくらい楽しかった!(笑)

佳奈:ふふふふ(笑)あとさ~、あの~、本当にバレーが、みんな好きやったかなって思う!

Nさん:うん、それは本当に思う!・・・愛が強い!みんな!(笑)

佳奈:バレー愛がね!

Nさん:そう!ほんとにバレー愛が強い!!

佳奈:高校行ったら別々になったりとか、ライバルやけど、、、どんな感じ?

Nさん:会える回数がめっちゃ少ないから、会えたら嬉しいみたいな。

佳奈:あ、やっぱり嬉しいんや?

Nさん:そう!普段はあんま喋れんけど、卒業してからでもLEADの練習行って会った時とかは、いろんな話したりとか、最近どうなん?とか話できるから、なんかすごい良い友達ができたって思います。

佳奈:うん!そうやね。なんか・・・LEADでNが一番学んだなって思うことは何?

Nさん:えっと、自分の悪いところとか、できてないところが、自分で認めれるようになった?っていうんですか?

佳奈:ふ~ん。強く?なったんやね?

Nさん:そう、めっちゃ学んだんですよ!LEADで。その声かけもそうやし、キャプテンとしてとか、いいチーム作りのやり方とか、そういうのとかも全部、自分からしたら一番なんですけど。

佳奈:うん!

Nさん:なんか普通に、自分の悪いところを指摘されて「そうやね、わかった、じゃぁ次そうやってみる!」とか、なんか自分の悪いところとかも認めて改善して、もっと上手くなろうっていうふうに、なった。

佳奈:すごいね!

Nさん:だからむしろ、悪いところを見つけて!みたいな、まわりの子に。気づいたことあったら言ってほしい!みたいな。

佳奈:うん!うん!

Nさん:今までやったら、実際ミスするとか、下手な部分って、隠したいじゃないですか?

佳奈:恥ずかしいとかね。

Nさん:そう。だけど、むしろ改善したいから見つけて!教えて!みたいな。そんな感じになったな~って思います。

佳奈:なんかそういう弱い部分とか、自分のだめな部分とかを、ちゃんと認めれるって私は「強い」なぁって思う。

Nさん:うん!

佳奈:バレーで学んだことって、バレー以外の部分で、どう生かせてる?

Nさん:まわりを見る力がついたっていうのに付け足して、なんか、あのー、自分も人間やから自分のちょっと苦手な人とかおるじゃないですか?

佳奈:うん。

Nさん:だけど、なんかその、苦手な人でも良いところがその人にはあるから、苦手やから嫌いとかじゃなくて、苦手やけど「でもこの人のここは好きやよね」とかって良いところを見つけれるようになったっていうのは、バレーでまわり見る力がついたからっていうのと繋がっとるんかな~って自分で思います。

佳奈:繋がっとると思うよ!

Nさん:キャプテンをしてっていうのがすごいでかくて、中学でもLEADでも。キャプテンをして周りを見る力ができて、「あの子ぜんぜんマジメにせんけど、でもこういうところはちゃんとやっとるよね」とか気づけれるようになったから、日常生活とかに生かしとるなって思います。

佳奈:やっぱり人ってさ、ダメな部分ってあるし、なんか他人に対して羨ましくて妬ましくなったりとか、なんかイジワルな気持ちとか誰だってあるがいね。だから良い部分を見つけれるっていうのは、すごい得なことかもしれんね!

Nさん:うん。だから、自分なりに楽しく過ごせとるっていうか、うまく付き合いができとるから、それはすごい身についたなって思います。

佳奈:そうやね!じゃぁ、最後に、今キャプテンやっとって悩んどる子とかに、なんかアドバイスとかメッセージとかある?

Nさん:えっとー、「迷わんでいいよ!」って思います。なんか多分チームのこととか、いろんなチームメイトの状況とか環境とかで悩むと思うけど、自分がこうしたいって思ったら、そうするべき!そのほうが後々よくなったりするし、自分の為にもなるし、チームの為にもなるし!

佳奈:うん!

Nさん:思ったら、嫌われたくないしとかじゃなくて、行動してほしい!みんなに。

佳奈:そうやね。私も、嫌われたらどうしようって思ってキャプテンやっとった時あるけど、それでも頑張ってやってて・・・

Nさん:後から感謝されます!!だから、おって良かったって言わんかったとしても、ぜったい思われるから!だから迷わんと、自分が思い描いとるチーム作りをしてほしいって思います。

佳奈:そうやね!ありがとう!今日は本当にありがとうございました!

Nさん:はい!ありがとうございました!

さいごに・・・

佳奈です。

私も中学選抜と高校でキャプテンを経験しましたが、自分のプレーがうまくいかないなかでチームメイトに指示を出したり、時には嫌な顔されながらでも、強く主張することがありました。

今回のインタビューで、そんな青春時代を思い出し、懐かしい気持ちになりました。

Nさんの言ってたとおり、結果として、チームの為・仲間の為・自分の為になっていたと思います!

だから本当に、キャプテンは悩むと思いますが、

迷わず行けよ!行けば分かるさ! by 猪木

という感じですね!(通じるかな?笑)

それでは今日はこのへんで。

1ヶ月間の無料体験でスキルアップを実感しよう!

LEADのバレーボールスクールでは、体験月は無料とさせていただいております。
お申込みはこちら!

◯中学生バレーボールスクール