*秋の入会キャンペーン開催中*

サーブで試合を支配することができる練習方法とは?

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

前田幸介

 

先日、ある生徒から

「サーブ打つとき、どうやったら上手く狙えるようになりますか?」

という相談を受けました。

 

狙ったつもりでも違う方向に飛んでいったり

確実に狙おうとすると、いつもより弱いサーブになってしまうそうです。

 

 

みなさんはサーブを打つとき、どのように狙いを定めていますか?

 

 

今日は、LEADの練習でも行っている、

サーブの狙い(コース決め)について、書きたいと思います。

 

 

人は狙わない

 

「○番の人を狙って打とう!」

このような声をよく聞きます。

 

確かに、狙われた人はプレッシャーがかかります。

サーブレシーブが苦手な選手には効果的かもしれません。

 

ですが、僕はこう考えます。

 

人を狙うと、

  • コースが甘くなり、正面に来るボールが増える
  • 狙った分、球威も落ちる
  • いくら苦手な選手でも、正面に来たサーブは返せる

結果的に、狙ったコースにサーブを打てたとしても、拾われてしまう。

 

では、どのようなサーブが効果的なのか?

相手はどのようなサーブを嫌がるのでしょうか?

 

 

効果的なサーブとは?

 

相手が嫌がるサーブとは、

  • 前後左右に揺さぶられるサーブ
  • 人と人、人とラインの間に打たれる

それこそが1番嫌なのです。

 

なぜかというと、

サーブレシーブは前からくるボールの正面に動き、自分の懐に入れて、ボールの勢いや変化を殺して、セッターがあげやすいパスを返さないといけないので、

 

前後左右に揺さぶられると、ボールの正面にいく動作やとり方に、すごく苦労します。

 

それに、人と人との間に打つと、

1人だけではなく、他の人へもプレッシャーを与えることができます。

 

 

また、人とラインの間は、最も効果的です!

コート外にボールをはじいたり、

アウトだと思ったら入っていた、ということが起きるのです。

 

そうすると、相手は思うような攻撃ができず、ストレスがかかります。

 

相手はストレスがたまる
   ↓
メンタルがやられる
   ↓
恐怖心(苦手意識)がうまれる
   ↓
ミスを連発する
   ↓
自分たちは勢いにのれる

 

 

狙うゾーンを狙う練習法

 

では、実際の練習例をご紹介します。

まず、以下のようにコートを9分割します。

(※上部がネット、789の前のラインはアタックライン)

 

これは、自分のコートをゾーン分けした図。

 

サーブの際、相手コートを見ると、こう↓

(※下部がネット、789の下はアタックライン)

 

 

①本数を決めて、ゾーンを狙う

1ゾーンに10本、6ゾーンに10本など、本数を決めて狙う練習をします。

 

ゾーンに入れる練習をするだけでも、

前後左右に揺さぶるサーブを打てるようになります。

 

 

ゾーンを狙えるようになったら・・・

 

 

②実際に人を配置し、狙う

ゾーンの2人の間、またはラインとの間を狙う練習をします。

結果的に、人の正面にいってしまったのならそれでもいいので、

間を狙う訓練を継続して行います。

 

 

③試合の緊張感の中で、狙う

最後に、試合と同じように、一人ずつサーブを打たせます。

(まわりは静かに。笛を吹いたら打つ。)

 

 

このとき、選手に狙うゾーンを宣言させてもいいですし、

コーチがサインを出してもかまいません。

 

 

追加しますと、

24対23など得点や状況を伝えると(自分で試合のイメージをしてもいい)

更に緊張感のある練習になります。

 

 

サーブがいい選手、サーブがいいチームは

試合を支配できるといっても過言ではありません。

 

サーブは、それほど強力な武器です。

 

ぜひ、みなさんも試してみてください!

 

 

 

◆こちらの記事も読んでみてください!

「もう部活もバレーも辞めよう…」と悩んでいた子が、なぜ強豪校進学を決意するまでに成長したのか?