試合のスパイク決定率を上げる方法

石川県/LEAD/バレーボール教室/バレーボールスクール

前田幸介

 

スパイカーなら誰でも、ドカン!と豪快なスパイクを決めたくなりますよね。

その気持ちはわかります。

 

ですが、

  • 相手ブロックが2枚きっちりついていて、打つコースを制限されている
  • 相手ブロック3枚で打てるコースがない

 

このような場面で、ただ強く打つだけは、

ブロックされるか、簡単にディグを上げられてしまうでしょう。

 

そうするとスパイクは決まらず、チームも勝てない。

そして、プレーの成長もありません。

 

あるプロチームの監督はこう言っています。

 

ブロックされるのはスパイカーのミス。ブロックポイントをとられるのは悪いスパイカーが生み出すものだ。意図の見えないミスには何の成長もない。

 

あなたは日々の練習で、

ただ力強いスパイクを打つことだけを意識していませんか?

 

 

スパイクの選択肢


 

スパイクを打つ際、スパイカーにはいくつかの選択肢があります。

 

  1. 力強いスパイクを打ち込む
  2. ハーフスパイクやフェイントをする
  3. 深いコース(コーナー)を狙う
  4. ブロックに当ててリバウンドをとる
  5. ブロックに当てて外に出す

 

他にも選択肢はありますが、主にこの5つになります。

 

 

ほとんどの選手は「①力強いスパイク」を選択し、決まらなくなったら「②ハーフスパイクやフェイント」を選択しますが、

これでは、相手のキルブロックに繋がりブロックを避けると簡単に上げられてしまい逆に相手のペースにハマってしまうことが多いです。

 

それは、相手がブロックとディフェンスの関係(トータルディフェンス)を徹底しているために起こります。

相手はわざとクロスに打たせているわけだし、そこにはリベロを配置していることが多いので、いくら強い球を打とうが、上げられる可能性は高くなるということです。

 

また、ブロックが完成しているところに強いスパイクを打って、ブロックをブチ破るというのは、可能性としてはすごく低いです。

このようなスパイクは「なんの意図も見えないミス」ということになります。

 

 

ひと昔前は、

『勝負にいって、止められたら仕方がない』

と言っている人もいましたが、そのようなバレーでは今の時代勝てないのが現状です。

 

スパイカーは、その時々の状況によって、ベストな選択をすることが重要になってきます。

 

 

ブロックを利用する


 

僕が「ブロックが完成された状況」に直面したときは、間違いなく、相手ブロックを利用するという選択をします。

 

相手のブロックを利用しリバウンドがとれる選手ブロックに当てて外に出せる選手というのは、

常に全力で打つパワースパイカーより決定力も上がるし、ミスも少なくなる。

 

「冷静にブロックを見て、ベストな選択ができ、意図をもった攻撃ができる」

 

これができるスパイカーがエースだと私は考えます。

 

 

日々の練習からブロックに当てることを恐れず、積極的にブロックを利用することで、

ワンタッチで外に出すことや、リバウンドをとることができるようになります。

 

これが試合のいざという場面で、選択肢としてでてくるわけです。

 

 

ぜひあなたも、ブロックを利用して、選択肢の多いスパイカーを目指しましょう!

 

それでは。

 

 


 

LEADバレーボールスクールは、現在、無料体験募集中です♪

小学1年〜中学3年生が楽しくチャレンジしています!

無料体験の申込みはこちら