準備をする力

石川県/LEAD/バレーボールスクール/バレーボールクラブ

前田幸介

 

突然ですがあなたは、このような事で悩んだことはありませか?

「相手のスパイクが自分の所に来るとわかっているのに、上げられない」

「なんで今のボール追いつけなかったの?」

 

この悩み、実はたくさんの選手が感じていることで、その原因に気づいた選手と気づけない選手では、大きな差が生まれることになります。

 

ディグを上げられない原因とは何なのか。

  • 練習量?
  • それとも、才能がないから?

 

・・・違います!

あなたにはある行動が足りていないだけなんです!!

 

 

常に準備をする

 

「なんだ、こんなことか!そんなことはわかってる!」

そう言っている選手こそ、

 

練習ではほとんど上げられるのに、試合形式の練習になると・・・

なぜかボールに追いつけない・・・

いつものフォームにもっていけない・・・

 

このような結果になっています。

 

これって結局は準備できていないということです。

 

 

じゃ準備って何?

 

「いつボールが来てもいいように、
 アタッカーが打つ瞬間には構えて止まり、
 ボールではなく、アタッカーを見ること」

 

これは、僕が実際に経験して気づき、この準備をしたことで、ディグ力が格段に上達しました。

 

「いつでも動けるように、足を止めず常に動く」という考えの選手やコーチもいますが、これをすると動き出しのタイミングがズレたり、逆をつかれたりしてしまうことが多くなります。

 

 

相手の見方としては、

ボール ⇒ セッター ⇒ ボール ⇒ アタッカー

 

ボールを見ている時は動いていいですが、

セッターがトスを上げる時、アタッカーが打つ時には「止まって見る」

そうした準備をすることで、ツーアタック、フェイント、スパイクコースの判断が早くなります。

 

判断が早くなるということは、動き出しのスピードやタイミングも良くなり、ムダな動きがなくなるので、ディグが安定して上げられるようになるんです。

 

 

次のボールに向けて、どのような準備が必要か。

次の試合に向けて、どのような準備が必要か。

 

 

準備をする力をつけて行動することで、結果は必ずついてきます!

 

 

ぜひ、皆さんも準備することを意識し、実践してみてください。

 

それでは。

 

 

 

LEADバレーボールスクール!

無料体験は下記をクリック!

https://lead-va.com/school-program/volleyball-school