【動画解説】ブロックアウトの練習方法

石川県/LEAD/バレーボールスクール/バレーボールクラブ

前田幸介

 

スパイカーなら誰でも、「バーン!!」と力強いスパイクで点を取りたいと思っている人も多いと思う。

だが、相手の完成したブロックの上から打つことは難しいし、ブロックを避けて打っても簡単に上げられてしまう。

 

このような時に必要な能力としては、

先日のブログ「スパイクの決定率を上げる方法」でも紹介した、

ブロックを利用したスパイクが打てることが大切。

 

・ブロックアウトを狙う
・リバウンドをとる

 

この2つをマスターすれば圧倒的に決定率も上がるし、ミスも少なくなる。

 

そこで今日は、

スパイクの決定率を上げるための「ブロックアウト」の練習方法を

久しぶりに動画で解説していきます!

 

 

ブロックアウトのポイント

 

スパイク決定率をあげる、ブロックアウトを成功させるためのポイントは5つあります。

 

  1. 相手のブロックの手が見えるように、ボールを前で見る
  2. 左手をボールに向けてあげ、身体の重心がブレないようにする
  3. ブロックにあてることに慣れる
  4. 3割~4割の力で軽くブロックにあて、自分でリバウンドをとる
  5. コートの外にはじき出すイメージでブロックに当てていく

 

この5つの順にやっていきます。

フォームやタイミングを意識しながら、ブロックに当てることへの恐怖心をとり除き、相手ブロックを利用したスパイクを打っていきましょう。

 

スパイクのバリエーションが増えるので、相手が嫌がるスパイカーになれます。

 

さて、ここからは動画で解説します!

 

 

どうでしたか?

僕自身、168㎝と身長は低いですが、JOCまでスパイカーとしてプレーできたのは、

間違いなく、コース打ちブロック利用がとにかく得意だったからです。

 

「小さくても通用する!やってやる!」

これは僕がいつも心の中で言っていた言葉です。

 

このブロックアウトとリバウンドをマスターし、スパイク決定率を上げ、ミスの少ない選手を目指しましょう!

 

 

 

PS.もし、動画が気に入りましたら、いいね!とチャンネル登録をお願いします!!

 

それではまた、

 

 

 

LEADバレーボールスクール!

無料体験は下記をクリック!

https://lead-va.com/school-program/volleyball-school