【動画解説】膝(サポーター)を制する者は、バレーを制す!

石川県/バレーボール教室/LEAD

 

前田幸介です!

 

 

突然ですが、

あなたはサポーターをしていますか?

 

 

LEADでは、フェイントボール左右に来た強打のディグの際は、

サポーターをうまく活用し、膝を入れる、または滑らせることを教えています。

 

サポーターはケガの予防にもなりますし、ディグをするうえで非常に必要です!

 

 

膝を制す者は、バレーを制す!

 

昔は、「膝をつくな!走ってボールをとれ!」という指導者が多くいました。(今もいる?)

 

しかし、動きながらボールを取り、さらにコントロールをするというのは、

プロの選手でも難しい技術です。

 

 

僕は、膝をいかに上手く使うかが、ディグの鍵を握るといっても良いぐらい、重要だと思っています。

 

なぜなら、前後左右に来たボールに対し、

膝をうまく使うことで、ボールの下に入ることができ、

そうすると、身体で壁をつくれることができるので、ボールが上がるようになるからです!

 

 

では!!

動画と解説をのせますので、見比べてみてください!

 

 

①膝をうまく使っているディグフォーム

 

膝を少し前につき滑らせることで、身体が開かず、

常におへそが前に向いた状態で、壁を作ることができます。

 

ここに注意!
手からボールを取りに行くと、腕を振り回してしまい、後ろに弾くリスクが高くなります。

 

 

②膝をうまく使えていないディグフォーム

右に行ったボールに対し、右の膝だけつけばいいのに対し、逆の膝までついているので、

身体が開いてしまい、ボールを後ろに弾いてしまうことが多くなります。

 

また、膝を身体の後ろについてしまうと、これも身体が前に向かず、

横に向いたままになってしまうので、後ろに弾いてしまいます。

 

 

 

動画を見て分かるように、ディグが安定するうえで、膝が大いに関係していることはわかりますよね。

 

確かに、膝をつかなくてもいいボールもありますが、

膝をついたほうが、身体の軸がブレないというメリットもありますので、

ぜひ、あなたもトライしてみてください!

 

間違いなく、ディグの幅が広がりますよ!!

 

 

 

追伸

12/17(日)『特別バレーボール教室』、残り2名になりました!

↓ ↓

詳細はこちらから