チームの「衝突」には意味がある!チームを成長させるカギとは?

石川県/LEAD/バレーボールスクール/スポーツメンタル

 

メンタルコーチの前田佳奈です!

 

中学生は、3年生が引退し新チームが始動してから、約4ヶ月が過ぎました。

この時期になると多いのが、

  • 部活の仲間と意見が合わない…
  • メンバーのやる気に温度差がある…
  • 部活内の揉め事や問題が絶えない…

といった悩み相談です。

 

保護者の皆さまからも、

  • 最近、部活がうまくいかず悩んでいるみたい…
  • どうアドバイスしていいのかわからない。
  • 愚痴を言ったり、イライラしている

といった相談が寄せられます。

 

あなたのお子さまは、どうでしょうか?

 

 

実はこの時期、チームの揉め事で悩んでいる子が多いのは、不思議なことではありません!

ある意味、自然なことだと言えるのです!

 

 

今からお話しする内容は、

今後チームが成長するか、それとも崩壊するか、

チームの分かれ目とも言える、とても重要な内容です!

 

 

チームの成長は「4段階」に分かれている


 

チームが成長していく段階には、4つあります。

  1. チームが形成される「形成期」
  2. ぶつかり合う「混乱期」
  3. 個人の役割と共通のルールが明確になる「統一期」
  4. チームとして成果がでる「機能期」

 

それぞれの特徴を、ひとつずつ説明しますね!

 

①形成期

  • チームが形成され、メンバーが決定したばかりの状態
  • まだまだお互いのことを知らず、様子見
  • 自分の役割や、チームの目標・目的がよくわかっていない
  • 不安や緊張、遠慮がある
  • 表面的には仲が良く見える
  • 期待に胸をふくらましている

 

②混乱期

  • それぞれ自分のやり方で課題に向かって行動し始める
  • 自己主張をするが、意見や主張のぶつかり合いが起きる
  • 考え方の違い、やり方、レベルの差が明確に浮かびあがる
  • チームメンバーの言動が気になる(目につく)
  • グループに分かれる

 

③統一期

  • リーダーを中心に、意見交換が行われる
  • メンバーがお互いの違いを認め合うようになる
  • チームの目標が共有される
  • 各自が役割や責任を理解する
  • チームメンバーの一員として成果を上げたいと思うようになる

 

④機能期

  • チームに結束力が生まれ、一丸となって目標達成に集中する
  • お互いにサポートし合う
  • 良いコミュニケーションがとれている
  • 個人の力がチームに注がれる
  • チームとして課題を解決し、成果が生まれる

 

 

この成長の4段階は、全てのチームが通るものです。

そして、混乱期を飛ばして統一期や機能期にいくことはできません。

 

 

さて、いかがでしょうか?

チームは今まさに、『混乱期』に突入していませんか?

 

 

チーム成長のカギは「混乱期」


 

チームとして成長するカギとなるのは、

混乱期をいかに乗り越えることができるかです。

 

意見のぶつかり合いや問題が起きないチームはありませんし、

そういったぶつかり合いを避けるために『うわべの付き合い』をしていては、

チームとしての成果は低くなるでしょう。

 

そうしてできた『しこり』は、なかなか消えるものではありません。

 

 

混乱期というのは、

チームメンバーのちょっとした言動に対しての不満が起きやすい時期です。

 

例えば、

  • よくサボる(遅刻する)
  • 嫌な顔をする
  • 準備や片付けをしない
  • 話し方が気にいらない 等…

 

本当に些細なことがきっかけで、分裂イジメに発展するケースも少なくはありません。

 

 

混乱期はこうして乗り越える!


 

混乱期を乗り越えるポイントとなるのは、3つです!

 

①直接伝える

チームのため、相手のためを思って意見を伝えることは、悪いことではありません。

それを陰で言うから「悪口」になってしまうのです。

 

直接伝える時のコツとしては、

「あなたって◯◯だよね」「あなたの◯◯が気にいらない」

などと、相手を主語にするのではなく、

「わたしは◯◯だと思う」「わたしは◯◯したい」

というように、自分を主語にして伝えましょう!

 

もちろん、相手の意見を尊重することも忘れずに!

 

②悪いところ(できないところ)ではなく
 良いところ(できているところ)に目を向ける

チームメンバーと戦うのではありません。他チームと戦うんですよね!

 

人にはそれぞれ得意不得意がありますし、長所も短所もあります。

チーム競技の良いところは、弱点をカバーし合い、支え合えるところです!

 

メンバーの悪いところやできないところを探すのではなく、

良いところや得意なところを見つけましょう!

 

それぞれの得意分野を掛け算すれば、

1+1が、10にも100にもなるのがチームです!

 

③リーダーシップを発揮しよう

混乱期を乗り越え、チームが統一期をむかえるためには、

チームをまとめるリーダーが必要です!

 

リーダーとは、決してキャプテンや副キャプテン、上級生とは限りません。

 

「俺についてこい!」といったリーダーシップだけでなく、

仲間を思いやり協力し合う、多くを語らず行動で見せる、かげで支えるなど、

リーダーシップの発揮の仕方はさまざまです。

 

また、そんなリーダーを支える『フォロワーシップ』も大切です!

 

あなたがリーダーになることを恐れないでください。

 

リーダーシップを発揮することで、新たな悩みが出てくるかもしれませんが、

それは『リーダーにしか体験できない貴重な経験』として、捉えましょう!^^

 

 

勝つことよりも大切なこと


チームとして成果を望むということは、それは「勝利を目指す」ということです。

最初から『別に負けてもいい』と言っているチームに成果などありません。

 

ですが、勝つこと以上に大切なことは、

“共に力を合わせて成長すること”

ではないでしょうか?^^

 

 

LEADの中学生クラスでは、

子どもたち同士で、学年問わず教え合う場面が多々ありますが、

 

それは「悪いところを指摘し合う」のとは違います。

 

みんなで上手になるために、アドバイスし合うのが目的です!

 

教えることは学ぶこと!

相手にすることは、自分にかえってくることです!

 

 

今日の記事が

「チームがうまくいかない…」と悩んでいるあなたの希望になれば嬉しいです^^

 

それでは、このへんで。

 

 

 


 

LEADには、バレーボールが大好きな仲間がたくさんいます!

基礎から楽しく学びたい人は、ぜひ、LEADのバレーボールスクールへ!

↓ ↓ ↓

まずは無料体験!

中学生クラス