苦手なプレーの練習をせずに、上達する方法!

石川県/LEAD/バレーボールスクール/バレーボールクラブ

前田幸介

あなたは自分のプレーについて、良い部分(得意なプレー)をどれだけ知っていますか?

  • サーブレシーブを弾いてしまう。下手だ。
  • 緊張すると、いつものプレーができない…
  • ブロックがいると、ビビって打てない

このように、自分の悪いところばかりに意識がいっているのではないでしょうか?

確かに、監督やコーチに怒られたり、自分のミスでチームに迷惑をかけていると感じてしまうことってよくあります。

そして悪い部分にばかり意識がいってしまうことは僕にもわかりますし、僕自身も経験してきました。

しかしこれでは、自分の良い部分(得意なプレー)が伸びず、いつまでたってもモチベーションが低いままになりますし、自信を持ってプレーできなくなってしまいます。

では、あなたの良い部分をどのように意識し、練習すればいいのかを紹介します。

得意なプレーを磨き、自信に変える!

あなたは自分の良い部分(得意なプレー)を知っていますか?(2回目w)

僕の得意なプレーはこれです!

  • 狙ったところへのサーブ打ち
  • 左側でのサーブレシーブ
  • ディグ
  • セッターとしてのトスまわし
  • ブロックアウトをとる
  • 試合中に相手の分析をする
  • 声を出し、仲間への指示やチームを鼓舞すること

これが僕の得意なプレーです。

このようにあなたも、まずは自分の得意なプレーを書き出してみてください。

得意なプレーが明確になると、プレーが変わるはずです。

例えば、僕の得意なサーブレシーブについて説明すると、

僕はサーブレシーブをする際に、自分にプレッシャーを感じている時や勝負所では、必ず少し左側でボールをヒットし、セッターに返そうとします。

(左側といっても、どっしりとした足の中でちゃんととっています。)

何でかと言うと、僕は左側でサーブレシーブをすることが得意で、自信を持っているからです。

なので、(ここからが重要)わざと相手が僕の左側に打ってくるようにポジショニングを少し変えたりどこにサーブがきても必ず左側でサーブレシーブをしていました。

自分の得意なプレーを知り、それを磨いていくことで自信に変わり、勝負所でもビビらずにプレーできるようになっていきます。

あなたの良い部分(得意なプレー)は何ですか?

もう一度聞きます。(3回目ww)

あなたの良い部分(得意なプレー)は何ですか?

自分の良い部分を知らないと、成長スピードは遅くなりますし、悪い部分ばかりに意識がいき、なかなか成長できない自分にストレスが溜まってしまい、ネガティブ思考になってモチベーションを低下させてしまいます。

対処法としては、あなたの良い部分(得意なプレー)を書き出し、その中から優先度の高いものから順に、さらに磨きをかけることです。

練習というのは、悪い部分(苦手なプレー)を直すためだけに行うものではありません!

どんな選手にも、苦手なプレーはあります。だからチームワークが必要なんです。

ただし、勘違いしてはいけないのが、決して良い部分だけ見ればいいというわけではありません。

バランスよく、自分の良い部分と悪い部分を理解し、練習を行っていくことが重要です。

僕の学生の頃は、7:3ぐらいの意識で行っていましたので(良い部分7:悪い部分3)、常に高めなモチベーションを保ったまま楽しく練習や自主練をしていました。

これぐらいの割合で行うことを僕はオススメします!

得意なプレーに自信がつけば、いつの間にか苦手なプレーも上手くいくようになったということもありますよ。

ぜひ、あなたも挑戦してみてください。

それでは今日はこのへんで。

1ヶ月間の無料体験でスキルアップを実感しよう!

LEADのバレーボールスクールでは、体験月は無料とさせていただいております。
お申込みはこちら!

◯中学生バレーボールスクール