石川県/バレーボールスクール/バレーボールクラブ/LEAD

前田幸介

 

中学生は、6月の県大会予選で負けると引退になります。

また、県大会で3位以内に入れないと、7月で引退ということになります。

まだ時間があると考える人もいれば、もう2・3ヶ月で引退なんだと考える人もいるでしょう。

そんな中で、

  • 最近、できてたプレーも上手くいかなくなった
  • 何を直したらいいかわからない
  • 試合が近いのに、モチベーションが上がらない

というように足踏みしている選手が多いように感じます。

 

こういう時、どんなに練習(数)をこなしても何も変化が起きないことのほうが多いです。

なぜなら、不安や疑問を抱えたまま、ただ時間が過ぎるのを待っているだけになっているからです。

 

スポーツに限らず何でもそうですが、成果を出すためには、目標を定めて、自分の課題を見つけ、意識しながら行動していかないと成長はしていきません。

 

なので今日は、中学生のよくある悩みの中から、

「最近プレーが上手くいかなくなった」

この悩みを解決するために、ぜひ今すぐ試してみてほしいことをご紹介します!

 

春高バレーでイメトレしよう

さきほども言いましたが、今までできていたプレーが上手くいかなくなった時、今までと同じことをただ練習(数)をこなしても、何も変化が起きないことのほうが多いです。

なので、何かしら「変化」を起こす必要があります。

そこでおすすめしたいのが、バレー動画を観てイメトレすることです!

 

バレーボールは地上波での放送がほぼないですし、最近では高校の大会も無観客開催なので、中学生にとってお手本になるような先輩選手のプレーを観る機会がほとんどなくなりました。

試合よりも、ハイキュー!を観ることのほうが多いみたいです。

暇な時間があれば、男子はゲーム、女子はTikTokやインスタ・・・

 

練習中はプレーが上手くいかないと悩んでいるのに、家に帰ってゲームやSNSで遊んでいたら、体育館に戻ったときにプレーが上手くいかないのは当然のことです。

 

そこで今回、スクールの中学3年生にある課題を出してみました。

それは、YouTubeで”春高バレー”と検索して、試合を観て分析し、気づきなどのレポートを提出してもらうことです。

 

意識が変わると、気づきも変わる

春高バレー開催中に観ていたときは、どっちの高校が勝つか「試合結果」にしか注目していなかったと思いますが、提出してもらったレポートをみて、みんなが良く分析できていることに僕はとても驚きました。

試合展開各チームの攻め方選手のプレーに関しての分析ができていて、目標とする選手のプレー分析自分とは何が違うのか今後の課題まで見つけることができた子もいて、かなりモチベーションも上がったと思います。

 

提出後の練習をみていると、みんなの意識も少しずつ変わってきて、真似して『やってみよう精神』が出てきています。

指導者から与えられた練習メニューをただこなすだけではなく、YouTubeなどでプレーの発想力を鍛えておくと、それが実際のプレーにもあらわれてきます!

選手たちにはこれからも、定期的に課題を出そうと思います。

 

ということで、

伸び悩んでいるあなたも、もう一度真剣に春高バレーをみて、自分なりの分析をしてみてください!

きっと何か発見がありますし、モチベーションも上がるはずです。

大事なのは、ただ観るだけではなく、試合展開の分析プレーヤーの分析自分の課題を見つけることです。

 

ぜひ、トライしてみてください。

それでは今日はこのへんで。