今オススメしたいトレーニングは、キャッチボール!?

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

メンタルコーチ 前田佳奈

 

こんにちは!佳奈です。

今日は、自粛期間中に私がオススメしたい「親子でできるトレーニング」をご紹介したいと思います。

 

タイトルや画像でもわかると思いますが、それは・・・

キャッチボールです!

 

え?バレーボールじゃないの?と思ったあなた。

バレーが上手になりたいからって、バレーだけやっててもダメ!!

 

いや、ダメではないんだけど、特にキャッチボールはやっておいてほしいのです。

できれば小学生のうちに!

 

これからその理由をお伝えしますね。

 

ボールが真っすぐ投げれない?

バレーボールスクールを始めてから、延べ人数でいうと500名以上の中学生を見てきましたが、ボールを真っすぐ投げられる子が、

まぁ~少ない!

 

中には、エンドライン(サーブのライン)からバレーボールを投げて、ネットにすら届かない子もいます。
(ネットまで9mです。)

 

ほかにも、本人はボールを真っすぐ投げているのに、横方向に飛んでいく子もいます。
(急にこっちに飛んできてビックリします!笑)

 

大げさに言っていると思うでしょう??

きっと指導者のみなさん、共感してくださると思うのですが、まったく大げさに言っていません。

 

  • あきらかにフォームが変
  • 手投げになっている
  • 身体がかたがって投げている

 

「かたがっている」って方言ですかね?「傾いている」で伝わるかな?

脱線してすみません。笑

 

そうした、ボールを真っすぐ投げられない子というのは、必ずといっていいほど、サーブフォームもスパイクフォームも悪くて、コントロールも不安定。

腰や膝を痛めていたり、ジャンプの着地で捻挫しやすいです。かたがって飛んで、かたがって着地するんですからね。

 

腰の回転や身体をうまく使えていないので、距離も伸びない。

 

それと、リリースポイントが身体の後ろだったりします。

リリースポイントってわかりますか?ボールが指先から離れるポイントのことです。

頭の後ろでボールを離しているので、すっぽ抜けた感じになっています。

 

そういう子に共通しているのは、スパイクを打つときのボールをヒットするポイントが、身体の後ろなんです。

だから、力強いスパイクは打てませんし、ブロックアウトもとれません。

 

結局のところ、キャッチボールをうまくできない子は、バレーボールも苦労します。

頭ではコーチにアドバイスされたことがわかっていても、身体で表現するのにとても時間がかかります。。。

 

ボールがキャッチできない!?

投げるだけではありません!

ボールキャッチも大切な要素。

 

サーブレシーブの練習をするときに、まずは変化しない逆回転のサーブを「お腹の前でキャッチ」の練習からしてもらうのですが、バレーボールをうまくキャッチできない子がいます。

顔に当たりそうになったり、胸にボコって当たったり。

 

どういうことかというと、ボールの落下点がうまくつかめていないのです!

 

サーブレシーブの時に「アウト~!」と判断しながら、身体にボールが当たってしまう子がいるのも、これが原因だと思います。

 

ボールの軌道がわかりやすい逆回転のサーブですら、「ここだ!」と思って動いてもキャッチできないのに、スピードも速い無回転の変化球サーブに対してうまく動けないのは当然。やはりサーブレシーブは安定しません。

 

この場合も、コーチからのアドバイスを頭では理解していますが、身体で表現できず、みんな苦労しています。

 

「キャッチボール」はスポーツの基本!

私は小学1年生からバレーボールを始めているのですが、よく家の外で父とキャッチボールをしていました。

うろ覚えですが、『キャッチボールはスポーツの基本だ!』的なことを父が言っていたような気がします。

ちゃんとグローブをはめて、野球のボールでやっていました。

 

あと、中学生になってからも、顧問の先生がいろいろな動きを取り入れた指導をしてくれました。

バスケの「レイアップシュート」の練習をしたり、「ソフトボール投げ」もよくやりました。

しかも、ボールを投げるときは『裸足になって、足の指5本を感じなさい!』と言われたのも覚えています。

ちなみにその先生は、卓球が専門の先生です。

 

そういう経験があるからか、女子の割にはキャッチボールが得意な私。

高校生の時は、体育館の壁から壁まで余裕で投げれましたし、スパイクフォームもキレイなほうだったと思います。

 

そう!そう!

先日、夫 幸介のお兄さん(お兄さんはバレーボールの元全日本メンバー!)と話していた時、

私が「バレーをする前って、何か他のスポーツしてたんですか?」と聞くと、

 

野球サッカー!とにかく毎日、公園で友達と野球とサッカーして遊んでた』と。

 

お兄さん、スクールにも来てくれたことがあるのですが、松任総合体育館の壁に近いところから、(見た目)軽~くボールを投げて、2階席に真っすぐ飛ばすほどの肩の強さ!そしてコントロール力!

 

やっぱりキャッチボール大切なんだと思います!

身体のバランス、体幹も鍛えられると思いますし、

 

  • どうしたら真っすぐ投げられるのか?
  • どうしたら遠くに投げられるのか?
  • どうしたら速く投げられるのか?

 

これを自分で考えて、模索してやってみることが、後々いろんなスポーツ競技で生きてくると思います!

ぜひ、小さいうちから、自分の頭の中にあるイメージ通りに、身体をコントロールする力を鍛えましょう!

 

今こそ親子でキャッチボールを!

今、子供達もお父さんお母さんも、コロナウイルスの影響で自宅にいることが多いと思います。

そろそろストレスも溜まってきていると思いますし、だんだんと暖かくもなってきました。

 

ぜひ3密避けて、人の少ない公園や駐車場などで、親子でキャッチボールをしてみてください!!

遊具に触れての感染リスクもないですし、いいコミュニケーション&リフレッシュにもなるはずです。

 

そしてもちろん、家に帰ったら「手洗いうがい」を忘れずに!^^

 

 

まだまだ、大好きなバレーができない日々が続きそうですが、「今できること」にみんなで取り組んで、元気に乗り越えましょうね!!

 

それでは今日はこのへんで。

 

 

【今なら1ヶ月無料!】自宅で学べるオンラインレッスン

小学生・中高生・指導者の3つのクラスにわけて、オンライン授業をしています!
この機会に、メンタル強化に取り組みませんか!?