「ボールはあまり見ない!?」上手なディガーは何を見ているか?

石川県/バレーボール教室/LEAD

 

前田幸介です!

 

リードブロックでは、ブロッカーは相手を見る際に

 

ボール → セッター → ボール → アタッカー

 

というような目の動かし方(見方)をすると良いと言われています。

 

 

最後はボールではなく、アタッカーを見て手をだす

ということが大事になるですが、実はこの目の動かし方は、ディガーも同じです!

 

 

ボールはあまり見ない!?

 

みなさんは、ディグをするときに、

必死にボールを見ていないでしょうか?

 

上手なディガーは、実は、ボールばかり見ているのではなく、

ほとんど、アタッカーのフォームしか見ていません。

 

アタッカーを見れば、ボールは視界に入っていますし、

上がったトスと、アタッカーの打ち方や体勢で、ボールが来る位置を判断することができます。

 

 

ボールしか見ていない人にありがちなのが、

  • トスがアンテナより長いのに、ストレートコースに位置取りをしている
  • トスが乱れて、アタッカーのフォームも崩れているのに、強打に構えている
  • フェイントに対しての動き出しが遅い
  • 軟打と強打の判断ができない

 

つまり、「トータルディフェンスができていない」ということになります。

 

※トータルディフェンスとは、ブロッカーとディガーが連携してボールを処理することをいいます。

 

 

ディグが上がらない選手に対して、

「なんでそんな位置にいるんだ?」

「見てたら分かるだろ!」

「なんでわからないんだ?」

 

スピードが足りないのかな?

頭が悪いのかな?

構え方が原因かな?

フォーメーションを変えてみようかな?

 

などと、頭を抱えている指導者も多いですが、

ディグが上がらない選手のほとんどは『ボールしか見ていない』ように思います。

 

 

上手いディガーの見方

 

上手いディガーは、プレー中に何を見ているかというと、

最初に言ったとおり、

ボール → セッター → ボール → アタッカー

という見方をしています。

 

 

イメージしやすいように、もう少し、詳しく説明しますね!

 

①ファーストレシーブの返球を見る(ボール)
    ↓
②セッターを見る(セッター)
    ↓
③トスを見て、位置取りを行う(ボール)
    ↓
④アタッカーのフォームを見る(アタッカー)
    ↓
⑤位置取りを調整する

 

 

このような見方をすることで、

トスやアタッカーのフォームを見て、位置取りをすることができるので、

『トータルディフェンスができる』ということになります。

 

 

トータルディフェンスができれば、

ディグが上がる確率は、格段に上がります。

 

 

ブロッカーは見なくていいの?と思った人がいるかもしれませんが、

ブロッカーも視界にはちゃんと入っていますし、

 

トータルディフェンスをしている時点で、

すでにチームの決め事として、ブロッカーとディガーの連携ができているはずです。

 

 

まずは、やってみる

 

みなさんの中には、

ボールから目を離すことが恐いと思う人もいるかもいれませんが、

それは最初だけです!

 

セッターを見るときも、アタッカーを見るときも、

ボールは視界に入っていますし、

 

意識してできるようになると、

面白いように相手アタッカーがやりたいことが見えてきます!

 

 

 

なかなかできない人は、

「トスが上がったらアタッカー!」

 

まずは、ここからトライしてみてください!

 

 

 

なお、こちらの記事も読んでみてください!

ディガーの上達法について、とても重要な内容になっています。

↓ ↓ ↓

「試合でディグがあがる回数が増えた理由とは?」