コート外は練習時間?休憩時間?

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

メンタルコーチの前田佳奈です。

 

バレーボールはルール上、コートに6人しか立てません。

ローテーションもあり、ポジションによってコートに立てる時間も違ってきます。

 

練習でもそうです。

みんなが同じように、コートに入ってボールを触れるかというと…そうではありません。

チームによっては、上級生が優先してコートに入るチームもあるでしょう。

 

では、コートになかなか入れない選手は、練習できていないのでしょうか?

ボール拾いをしている時間、ラインズマンや得点係をしている時間は、休憩時間なのでしょうか?

 

 

あるマネージャーの話…

 

私の高校時代のマネージャーの話をしましょう。

彼女はマネージャーとして、私たちプレーヤーのために様々なサポートをしてくれました。

 

練習前はテーピングを巻いてくれて、体育館に危険な場所がないかを確認します。

練習中は顧問の先生にボール渡しをしながら、ドリンクの補充をしてくれます。

練習後には、アイシング用の氷を準備してくれたり、ストレッチもしてくれました。

 

これだけではありません。

自主練する選手がいたら、何時だろうと付き合ってくれます。

 

いつも駆け回っていたので、色々な仕事をしてくれていたと思います。

合宿や大会の時はいつも一番遅く寝て、一番早く起きていました。

本当に感謝しかありません。

 

 

彼女も、もともとはプレーヤーでした。

ですが私たちの年代にマネージャーがいなかった為、高校一年の秋にマネージャーに転向することになったのです。

 

 

そんな彼女ですが、マネージャー業しかしていないのに、プレーが上手くなっていきました!

自主練中に一緒にプレーしたり、年に一度のOG戦では、とても良いレシーブをあげます!

高校3年の頃には、下級生に負けないレシーブ技術はあったと思います。
(全員ではありませんが。)

 

 

視野と意識の違い

 

彼女に何が起こったのか?考えてみると、3つの事に気づきました!

 

  1. 常に、顧問の先生の隣にいた
  2. 自分事のように選手に寄り添っていた
  3. 視野が広く、いつも周囲を見ていた

 

よく動く顧問の先生のすぐ隣にいて、きちんとボールを渡す。

これがどれだけ高度な技術なのかは、バレーを極めた人ならわかるでしょう。

少しでもタイミングがずれると、練習のリズムが狂うので、怒られることもあります。

 

しかも、周りの選手がどんな動きをしているのかを把握しなければ、選手にぶつかることもあります。練習時に来客があればすぐに対応しますし、先生が汗をかいているのを見ると、すすんでタオルを渡したり。

とにかく視野が広くなければ務まりません。

 

選手の悩みを聞き、自主練に付き合うときも、自分事のように考えていました。

 

だからこそ、上達していったのだと思います。

 

 

上達する選手、上達しない選手

 

自分でいうのもアレですが、私は「下手だけど、上達する選手」だったと思います。

 

身長は160ちょっと、どっちかというと鈍くさいほうですし、中3の時もチームはベスト8。

全国大会の経験も、JOCまではありません。

高校に入学した時も、下手なほうだったと思います。すごく太って入学しましたし。笑

 

でも、高校1年で、選抜メンバーしか参加できない合宿に連れて行ってもらえたり、

3年生引退後には、2年生を差し置いてレギュラーにも選ばれました。

 

2年生の時から国体選手にも選ばれましたし、自分の代ではキャプテンも務めました。

 

当時、私がやっていたことを紹介しますね!

 

  • 練習中はいつも先生の近くにいた
  • 常に大きな声を出していた
  • 先生に見えるところで自主練した
  • 先生が見ていないところで自主練した
  • 人のプレーを見て「自分だったら…」と考えていた
  • 言われたことを素直にやる
  • 言われていないことを考えてやってみる
  • 昼休みに、プレーの相談にいった
  • ハキハキと話す
  • 仲間や後輩指導に熱心だった
  • 試合中の良いイメトレを毎日のようにしていた
  • 登校中に空き缶を拾っていた
  • 勉強の集中力が、試合に繋がると信じていた
  • 身長の高い選手に負けるもんか、という強い気持ち

 

 

上達しない選手というのは、

練習中は先生やコーチから離れたところにいます。

声は小さく、ぼそぼそ話します。

 

自主練はほとんどせず、人が見ているところでしかしません。(これが見破られます)

誰も見ていないところで自主練していても、誰かは気づくものです。

 

人がプレーしていたり、怒られていても他人事。休憩している時もあります。

姿勢は悪く、表情にも覇気がありません。

 

アドバイスされても素直にやらずに頭で考えてばかり。言われないことはやりません。

 

自分の中に信念がなく、これだけは譲れない!という強い気持ちもありません。

そして、自分ができないことを人のせい、環境のせいにします。。。

 

 

 

もしも、何か一つでもあてはまると感じたら、今日から変えてみませんか?

少しずつ、できることからで構いません。

 

コートの外から見るからこそ、見えるものがあります。

仲間の為にすることが、必ず自分に返ってきます。

 

 

体育館にいる時も、そうでないときも、練習時間だと思えばできることはたくさんあります!

 

ぜひ、変えてみてくださいね!

応援しています!

 

 

 

LEADバレーボールスクールで、かけがえのない仲間に出会う!

無料体験は下記をクリック!

https://lead-va.com/school-program/volleyball-school