相手がどこに打ってくるかわからず、レシーブできない?

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

前田幸介

 

あなたは試合中の動きに対して

  • 相手のトスについていけず、ブロックできない
  • 動き出しが遅れてしまい、レシーブが上がらない
  • 相手がどこに打ってくるかわからない

このような悩みを持っていませんか?

この悩みは、決してあなただけではなく、ほとんどの選手が悩んでいることです。

 

今日は、この悩みを解消するため、さらにレベルアップができるコツを教えますので、ぜひ最後まで読んでいってください。

 

 

相手を観る能力

 

相手のトスやスパイクに追いつけない理由は簡単です。

その原因はボールしか見ていないため、相手のスパイクコースや動きを読み取ることができず、あなたの動き出しの遅れに繋がっています。

なぜなら、ボールが動いてから、あなたが動くので、追いつけるわけがないんです。

 

「ボールを見ることがダメなの?」と思うかもしれませんが、そういうわけではなく、場面ごとに何を見るのかです。

 

ボールだけを見るのではなく、時にはボールから目を離し相手を見ることで、打ってくるコースの予測やあなたの反応を早めることができます。

 

相手を観る順番はこれです。

ボール → セッター → ボール → アタッカー

 

赤色のセッター、アタッカーのところはボールから視線を切り、相手プレーヤーを観るようにしましょう。

そうすることで、セッターがどこにトスを上げるかの判断も早くなりますし、予測もしやすくなり、セッターのツー攻撃にも反応することができます。

 

そして、最後はボールを観るのではなく、相手スパイカーのフォームを観ることでコースの予測がしやすくなり、スパイクレシーブの成功率、ブロック成功率も上がります

 

とは言っても、相手がスパイクを打つときに、ボールから視線を切るのは怖いと感じる選手も多いと思います。

 

でも、大丈夫です!

相手スパイカーを観ているということは、その視界にボールは必ず入っていますし、その分、予測や反応が早くなりますので。

 

 

ボールから視線を切ることに慣れる

先ほども言いましたが、最初はボールから視線を切ることに対して抵抗があると思います。

ですが、実際に意識してやってみると、相手の見え方が変わり、あなたの視野が広まっていきますので、プレーの精度だけではなく動きのスピードも早くなります。

 

騙されたと思ってやってみてください。

 

 

ボールから視線を切ることに慣れ、さらにブロックのステップやレシーブのポジショニングを調整することができれば、レシーブは上がるようになります。

 

以前、相手のトスに対して、スパイクレシーブのポジショニングが重要といったブログを紹介していますので、ぜひそちらも読んでみてください。

↓ ↓

レシーブで「消去法」使ってますか?

 

 

ぜひ、いろんなことにトライして、成長する過程を楽しんでください。

そうすれば今以上にバレーボールが楽しくなっていきますよ。

 

それでは今日はこのへんで。

 

 

 

◆「もう部活もバレーも辞めよう…」と悩んでいた子が、なぜ強豪校進学を決意するまでに成長したのか?

https://lead-va.com/volleyballschool-middle