なぜ、指導者になろうと思ったのか?

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

コーチ 村本大河

 

こんにちは!大河です。

僕はこう見えて(?)大学1年生。
(昨年スクールの保護者から30代だと思われていた!笑)

 

正直、まだまだ現役でもプレーできますし、同世代はみんなプレーヤー(選手)です。

でも僕は「指導者」の道を選びました。

 

今日は、なぜ僕が指導者を目指そうと思ったのか。

そのきっかけを話そうと思います!

 

LEADとの出会い

1つ目のきっかけ。

それは中学3年の秋、たまたまポスターLEADを見つけました。

そして、この出会いをきっかけに僕は変わります。

 

当時の僕には大嫌いなプレーがありました。

何かというと・・・

 

サーブレシーブです。

 

 

とにかく苦手で、いつも相手から狙われていました。

自分の中で重点を置いて練習していましたが、正直心のどこかに「自分にはできないんだろうなぁ」というあきらめの気持ちもありました。

 

ですが、練習で幸介さんのお手本を見てから、イメージが大きく変わりました。

 

「サーブレシーブってこんなフォームなん!これできたらカッケーだろうなぁ!」

 

それから僕は猛練習しました。

幸介さんのフォーム動画を何度も何度も見て、自分のフォームを変えていきました。

 

それから約3か月後のJOCの大会では、僕はサーブレシーブの中心人物になっていました。

「こんなに変わることができるんだ!」と、自信がつきました。

 

 

大きく自分を成長させられること、苦手なプレーを克服した時の「できた!」という喜び

それを伝えられるような人になりたいと強く思い始めました。

 

僕だから伝えられること

そして2つ目。

僕は小学1年からバレーボールを始め、とにかくバレーが大好きな「バレー馬鹿」です!

練習が休みでも父と練習し、子どもの頃の1番の楽しみは、スポーツショップに行って練習着を買ってもらうことでした。笑

 

でも、バレーをしている中で納得できないような出来事もあり、その時はものすごく辛かったし、

バレーに対する熱が冷めたこともありました。

 

僕は弱音を吐ける人もあまりいなかったし、もうやめる!と言えるような環境でもありませんでした。

 

それでも何とか折れずに頑張ってこられたのは、試合会場で会うたびに「頑張れ!」など声をかけ応援してくれた方々が僕の支えになっていました。

 

特に、僕の心を救ったのは、佳奈さんの言葉でした。

「今はつらいかもしれんけど、この経験は『指導者になったら』必ず生きてくると思うよ!」

 

こう言ってもらえたからこそ、自分の辛い経験が誰かの役に立つことができるということに、うれしさを感じました。

 

そしてタイミングよく、幸介さんから「今度の大会、一緒に行こうぜ!」と声をかけてもらい、

初めてコーチとして大会に出場しました。

 

 

(自分の試合以上に緊張して、かなり疲れたのはここだけの話。笑)

 

これから・・・

今、帰省したときにLEADのみんなとバレーができる環境があることをものすごく幸せに思っています。

 

そして、スクール生から、

「たいがー、ちょっとボール打ってくれん?」
「たいがー、私どうなっとるか見とってくれん?」
「たいがー、次いつ来るん?」

こうして声をかけてもらうことがとても嬉しいし、みんなの役に立ちたいと思っています。
(タメ口!笑)

 

 

自分がこれまで経験してきたことを生かし、

人は誰でも大きく成長することができる!

ということを伝えられるコーチになれるよう、これからも一生懸命やっていきたいと思います。

 

これからも、よろしくお願いします!

 

 

 

バレーボールスクール再開

 

バレーが大好きな仲間と一緒に練習しませんか!?

今なら最大1ヶ月間の無料体験!さらに入会後2ヶ月間の返金保証がつきます!

↓ ↓