セッターというポジションは、なんでこんなに難しいんだろう?

石川県/LEAD/バレーボール教室/バレーボールスクール/幼児体育指導

前田幸介

 

あなたは、セッターになって、

  • 「上手くトスが上げられない」
  • 「アタッカーに申し訳ない」
  • 「バレーが楽しくなくなった」

と思っていませんか?

 

セッターというポジションは、なんでこんなに難しいんだろう・・・。

 

これは僕自身も、セッター当初は感じていたことだし、

このことで悩んでいる子達が多いことも知っている。

 

僕が経験したのは、

これを乗り越えた結果、チームをコントロールできたり、思い通りにトスを上げられるようになったとき、

バレーが一番楽しく、やりがいのあるポジションだとわかったことです。

 

 

セッター練習の時間がない


 

練習では、ディグ、レセプション、スパイクの時間はあるが、

セッターだけの練習は、ほとんど無いのではないかと思う。

 

そのなかで、「もっと打ちやすいトスを上げろ」「ジャンプトスしろ」「セッターがよくない」とか言われることが多い。

これには、経験してきた自分にとっては凄く腹が立つ。

 

でも、確かに。

セッターだけの練習時間をとることが難しいのはわかる。

 

じゃぁ、どうしたらいい?

 

 

そんな悩みに応えるために

以前のブログですが、「セッターの基礎」についてのレッスン動画を紹介しますので

読んでみてください。

 

 

練習前の数分間、

スパイク練習でトスを上げるとき、

練習後の数分でもいいので、

 

意識して練習してみましょう!

 

 

この基礎ができるようになればトスは安定してきますし、

自信をもってトスを上げられるようになってきます。

 

 

最後に「セッターはチームの操縦士です!」

さあ、意識して練習しよう!!

 

 

(参考ブログ)

この基礎ができているセッターは「上手だ!」

【動画解説】この基礎ができているセッターは「上手だ!」

 

セッターの基礎中の基礎!

【動画解説】セッターの基礎中の基礎!